冷蔵庫内の半端な食材問題を解消できるかもしれないアレ


かもしれないシンプルなブレンダー。

VBL-30

VBL-30

先日、都内歩きをしていた際に有楽町ビックカメラで20分ほど比較検討^^; した結果選んだものだったのですが、1週間利用してみたのでリポートしてみます。

mango urumi kiwi strawberry

今回自分が購入したのがウルミ(グレー)でした。

■コンパクトで必要最低限
スピード調整もなく、氷を砕くことも叶わない貧弱さはあるけれども、ニーズさえ合うのならばデザイン性、コンパクトなインテリアとしても生きる?

従来のガラス製容器ではなく、やや厚みのある口広のペットボトルが容器部品となるのですが、この口の部分に、口付きの蓋、刀付きの蓋、密閉用の蓋を取り替えて扱います。

そのまま持ち運べるだけではなく、洗い物が一つ減るメリットは大雑把男子にはとても有難いのです。
機械備え付けの従来型のガラス容器と比べると、保管にも食事用にもプロセスが減るメリットは大きい。

機能・実用面で、値段を考えてしまえば満足のいく買い物でした^^
敢えて難を言うならば、駆動中が轟音w

■ 操作
付属する専用容器に刃月の蓋を閉めて、ブレンダー本体に乗せて押し込むだけ。

■ほうれん草+バナナ
201312130最近はバナナがかなり安価で手に入るのと、朝手軽に摂取できるので、何かと冷蔵庫内のレギュラー。 つなぎは牛乳で。
20131213a
新種のバナナジュース!! ンマ。

■ ゴーヤ+バナナ
1219a ゴーヤ半身とバナナ一本を牛乳で埋める。
1219b

後味に少々さわやかなゴーヤの苦みが残る程度で、薄味のバナナシェーキ。

■ ほうれん草2輪+リンゴ3/4
1219c

これまた隙間に牛乳を埋めて…

1219d

リンゴは単体で甘くても、牛乳で割ると風味柄甘味を感じないのかも。
甘さ不足もありつつ、ほうれん草っぽさもなくて、よくわからない大まかな野菜ジュースのリンゴ風味。的な味になりました。

■ メーカーについて少し調べてみた。
Vitantonioは三栄コーポレーションのキッチンブランド名称ですが、三栄コーポレーションの沿革はこちらにありました。→

1946年大阪に創業から改名・改組を進めつつ、主に中国で展開を広めているようです。orz

実際、手元のこれを見てみてもMADE IN CHINA なのです。
ところが、日本白物家電大手の他の商品も売り場で確認したところ、1万円以下の殆どが中国製造になってしまっている現状でした。

カテゴリー: 生活, 食事 | タグ: , , , | コメントする

くまもん 浅草・銀ぶら


久々の都内ぶらり旅に出てまいりました。

1212a
浅草寺は御化粧直しを済ませた直後だったようです。
雷門の提灯は松下電器の名称、裏面には松下幸之助さんの名前も入っていました。
元来よりの意図が反映されてますね^^

1212b

仲見世裏手の眺めも相変わらずで落ち着きます。

1212c

海外から観光の方はやはり多かったです。 アジアからの方が一番多かった気がします。

1212d

あげまんGets!!!

1212e

スカイツリーと。

1212f

毎回寄っているのは、舟和と満願堂。 今回も両方に足を踏み入れ‥

1212g

バッティングセンターに行ってみたい。と、いう不思議な運びに流されつつも。。
結局は自分がクレーンゲームでクマもん一体を捕獲して終わる。
「100円だけ」 のプレッシャー||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

メトロのバスがとてもWorldWideというか、DefactStandardというか、メトロらしい容姿に変貌していて驚きました。

1212h

なんかね、天井がスカイツリーをあしらったのか、LEDで不規則な星空を演出していましたよ。
写真は載せないので確認してみてください。

1212i

この容貌。 キャラクタステッカーさえ貼っていなければ欧米で走っていそうな空気満載でした。
で、終点だった上野広小路で捨てられました。

1212j

最寄りのJR秋葉原を目指し歩いていると‥
自衛隊の二輪部隊が横を走り抜け。。
独自追加仕様のフレームと、特殊ナンバーが揃っていたため本物で間違いなかったです。

このあたりだと、自宅警備員の集会なんかもありそうで疑っちゃいましたが^^;

秋葉原でジャンク・珍品を覗いて、電車で有楽町に移動。

 

丸井一階は雑貨巡り男子にはつまらない店に果ててしまった様だ。。

1212k

リムジンからお嬢が一人出てきた。

1212l

歌舞伎座周辺をぐるっと回る。

1212m

ソニービルにて、ハイレゾサウンドで体験するプラネタリウムをば。
これさ、天井平らだと星が伸びてるよねw ^^;
(無料で楽しませてもらっているのに文句書いてすいません)
Charaさんのスィートな声に癒されつつ、都会の喧騒を忘れ去る一時でした。

1212n

ハイレゾAndroidWalkman。
(;▽;)値段も素敵ですが、その音質は確かなものでした。。

1212o

デザインや重量、質感もオーディオ層をしっかり狙ったモノづくりになっていた印象です。

1212p

HMDも体験させていただきました。
元気ロケッツのBDだったのですが、3Dでもない映像がかなり奥行きをもって見えるような錯覚に陥ってしまいました。
後に詳細スペックをみたのですが、カタログ解像度以上の見え方をしていました。
現時点で世界最高解像度のHMDモジュールが搭載されています。
基地外発色のAMOLEDとは異なり、落ち着いてみられる発色バランスにとても好感も持てました。

1212q

これも、確認できて良かった。
FHDではない画像の粗さはFHD機を既に持っている人にはわかってしまうものでしょうが、Z1相当の機能がこのサイズに収まっているのは、最近のSONYの最少容積系端末が出ていない現状・CMOSセンサの大きさを考えていると、食指をかなりそそられます。

というか、イキマス!!!

1212r

1階に展示されていた、メガスター
いつか、円形天井のプラネタリウムで再度お会いしたいです。

ソニービルすぐ隣(といっても良い程度)の銀座熊本館へ。

1212s

熊本物産店です。2回に喫茶&軽食コーナーもあります。
いきなり団子の店内販売はこの時間では売り切れていました (;ω;
いきなり団子なんだし、いきなりの来客に対応してほしいです。(TωT
いきなり団子:名称由来(Wikipedia)

有楽町ビックカメラにて…こんなの買いました。


野菜食材が単品で余っちゃうことありつつも、既に鍋が埋まってたりする時にかなり有効そうです。
そして、洗い物が従来より少ないシステムデザイン。
高機能なミキサーでもないし、氷も砕けない刃しかないけれども、結構ピンポイントで自分ニーズを満たしていると思ってます^^

さて、ブリックスクエアを通過し、

1212u

タニタ食堂にはリベンジ適う時間ではなかったのですが、

1212v

クリスマスのブランド街と日本の真ん中をぶらりして。

1212w

お、リムジンの白と黒がすれ違いざまに重なった‥

1212t

本日の旅の終点、東京駅に到着。

久々のぶらり旅に癒された1日となりました。

カテゴリー: Android, GADGET, 景色写真 | タグ: , , , , , , | コメントする

気になる



タイヤプリント。良いなーとは思うけれど、プリントに至るまでの手間のせいかハードル感じてしまう。


ねこのやっちまった映像は面白いね。


ASIO程の遅延対策規格が必要なはずが、まさか圧縮遅延のあるBTで?
って思ったけれど、リアルタイムレコーディング向けというわけではないならOKなのか^^
シールドレスは便利そう。


最近日産がのりにのってる??


これは是非欲しいです。

カテゴリー: GADGET, 乗物 | コメントする

みなとみらい


昼を馬車道にあるタイ料理の食べ放題で済ませたら、どうやら雨模様。
雨雲レーダー確認してみたら、長くは降らないようなので急いでMarkIsの駐輪場へ向かいぶらぶらと。

131110a
ツリーの脇では何故か物産展系の野菜売り場ができてた。

131110b
面白いバッグ見つけた。

131110c
バリエーションが面白い。
チームで揃えたいね^^;

131110d
雨は激しかったのかな? よくわからないけれど、どこへ向うでもなく彷徨うと、見慣れない建物を見かけた。

と。フェラーリ見つけたのでしばらく後ろに張り付いてみた^^;

カッケーデス。

131110e
落ち葉もあるし、銀杏臭いけれど、一面が黄金色というわけでもなく。
大黒方面へ消えていきました。

こちらは。スーパーで今週の食材購入してまたちょっと寄り道。

131110f
職場の同僚に尋ねてみたところ、結婚式場が来年(2014年)完成するようです。
131110g
iPhone5だけれど、カメラ性能は今一つかな><;
手持ちのスマホだとペリアZが一番賢いのかな。 Zfに期待中。
やっぱりハードウェアシャッターボタンはあった方が格段にいいよ。

でも、まだ今はしょせんスマホカメラはスマホカメラクオリティって感じは否めないです。
(本日の写真はすべてiPhone5)

カテゴリー: 乗物, 景色写真, 買物, 食べ放題, 食事 | コメントする

チョイモビ に乗ってみた


横浜市内の駐車場30か所程度で発着予約をするカーシェア『チョイモビ横浜』。

事前に運転免許情報を送り、日産で一時間ほどの無料講習を受けると、ICチップ入りのカードを貰えるので、アプリからの車両予約後乗車とカードで認証。

20131013c

スマホの専用アプリで近所に停まってるチョイモビを検索と予約をして該当駐車場へむかった。

20131013d

側方に窓はあるけれども窓ガラスはありません。

20131013e

後部座席はこんな感じでゆったりとはしてない。

20131013h

後部にガラス面はなくて、サイドミラーも広くはない感じ。
ガルウイングってCoolな感じなんだけれど、チョイモビに於いてはかわいいい?パタパタ?な印象。

20131013gスマホスタンドがあるんだけれども、充電用の何某かは用意されていないっていうのは少々問題かもしれない?

・スピードは案外出ます。
・加速も悪くないです。
・坂道発進は慣れが必要です。
・サスは固めというか、軽いから仕方ないのかな。
・後部座席に風が吹き籠もって髪が凄いことになる様です。
(雨の日はもっとすごいかも。)
・電池残量が満タンスタートとは限らないので少しハラハラします。
・乗り捨てたい場所に返却出来るとは限らない。

新しくはないカーシェア方式ですが、告知手段としては地域的な意味合いも含めてとても効果的かもしれないですね。
新しいといえば、『¥20/分』っていう1分単位の料金プランでしょうか^^

カテゴリー: 乗物 | タグ: , | コメントする