オルクスオンライン Aurcus Online


Android向けリアルタイム対人対戦ゲーム『 Aurcus Online 』

0016.jpg

0016.jpg

グラフィックが美しいです。

やり始めたきっかけは、大好きなウスダヒロさんがイラストを数点担当されていて、そのオンラインPvP(プレイヤー対戦)のαテスト版が公開されるという宣伝ツイートを見て試してみた。

0015.jpg

Ultima Online

十数年前にUltimaOnlineにハマッていた事はあるけれどプレイスキルはヘタレでした。
以降、Onlineゲームから離れていたのですが。

0017.jpg

マッタリ

スマフォで40人が同時参戦可能な3D『 対人 』ゲームなんぞ実現可能なのか?って思ってたけれど予想していた以上に快適で爽快でした。(完璧だとか、十分満足とは言いませんが、アリです。)

0018.jpg

0018.jpg

正直、スマフォでここまでのゲームが再現できることに感動しました。
既に時代は完全3DMMOは不可能ではない状況になっていた模様です。w
この 『 オルクスオンライン 』 PvP(対人戦)α版ですが、以下の端末での動作を確認いたしました。 (※所持端末のうち1GHz以上のCPUで、特徴の違うもののみで確認)
画面の大きい順に
・XOOM [10.1inch] ( 1280×800 NVIDIA Tegra2 1GHz )
・SONY Tablet S [9.4inch] ( 1280x800 NVIDIA Tegra 2 1GHz )
・SC-01C [7inch] ( 600x1024 S5PC110 1GHz )
・SC-04D [4.7inch] ( 720x1280 OMAP4460 1.2GHz )
・SO-03D [4.3inch] ( 720x1280 Snapdragon MSM8260 1.5GHz)
・ISW11M [4.3inch] ( 540x960 NVIDIA Tegra2 T250 1GHz )
・SO-03C [3.3inch] ( 480×854 Snapdragon MSM8255 1GHz)
・SK-17a [3.0inch] ( 320×480 Snapdragon MSM8255 1GHz )
XperiaMiniPro(SK-17a)のハードウェアキーは何一つ反応なしでした。

0019.jpg

0019.jpg

先ずは、弓使いで有利と見た10インチのXOOMですが、処理落ちや弓の 溜め撃ち照準合せ 時にスワイプ操作を受け付けない事が多々ありました。 これは7インチSC-01Cでも同様でした。
端末のタッチ処理とCPU処理の余裕の所為なのかとも思いつつ不明、SO-03C・SO-03DやSC-04D,SONY TabletSではそういった認識無視はないですね。

0020.jpg

XPERIA MiniPro

SK-17a ( XPERIA MINI PRO ) の3インチHVGA機であれば描画負担も減ってCPU1GHzでも快適かな? と思ってインスコしてみたのですが、文字が解像度足りなくて読めないので問題外でしたw
( 動作は快適だと言えますが。 )

結局、弓の照準のスワイプが困難でも7インチ端末のSC-01Cで一番使いやすいアプリだと思っています。
唯、自分の手持ち端末の中では。という前提での話で、
このゲーム向けで理想的なハードウェア要素としては
・7.0inch程度の画面 (10inchだとスワイプ指移動距離が伸びて不便)
・CPUは1.5GHz以上
・ゲーム中に誤ってホームボタンを押さない端末(ハードキーがベスト)

要するに、このゲームを最大に活かせるのはタブレット端末。 という仕様だと自分は感じています。

Evo3D持ってる友人に
これ面白いから一緒にやろうず!
と誘ってみたところ、
多分凄いんだけれど目が痛いだけ。(=ω=;)
とのことでしたw
画面の美麗さを活かすのに4インチでは小さすぎるという裏づけにのみなってしまい、操作性等の感想まで聞けなかった。
確かに、自分もSC-04Dの4.7inchでも正直小さすぎると感じるゲームUIだと思っています。

さてさて、α最終日のラストバトル日記です。

■ The Last Day Battle 01
祓魔姫様のタイマン部屋。
気合入れて入ってみたら武装解除して座り込んでいました故。

0001.jpg

踊る

0002.jpg

まだまだ踊る

0003.jpg

DRAW

最後のタイマンは踊るか、上空に弓撃つかだけでDRAW !!

タイマンwが終わって、表に出てくるとGMの二人が来てて盛り上がってた。

0000.jpg

この装備強いのかな?

すぐに消えたのでどこかと思ったらアリーナでスフィア戦に。
しかし、鳥○さんとオ○クスさんの発言は一発でわかるぬぁ。

■ The Last Day Battle 02
途中参加。

0004.jpg

硬いのかな?

とりあえず、みんなモーレツに気合入ってて色んなもの飛んできてたw
立ってるだけで何か飛来物に当たるという。
今回はちず様スタイルを試してみた。スフィアに向かって・・・(以下省略
すると、結構バタバタとみんな倒れていってキル6という結果に。
(過去最大は12だけど、嫌われるので1-3が普段の数字)

■ The Last Day Battle 03
今度は最初から参加。ロイ子さまと同じ青組に。

0005.jpg

GM1名

GMが味方にいると何故だか心強い。

0006.jpg

派手な衣装だな。

Go!
最後の最後なので、普段通り(スフィア大だと)全力疾走で敵陣前のスフィアに切り込んで、MageやSwordManを誰構わず狙い撃ち(弓使いはメンドイので滅多にチョッカイ出さない)挑発して引き付けつつ、スフィアを攻撃。と。
んで、殺されて自陣に飛ばされたら

・・・MeLさんが目の前に滑り込んで来たw

0007.jpg

ロイ子がMeLを攻撃しているような・・

ェィッ! (溜弱)
(o ̄ー ̄)o∮→

0008.jpg

ありゃりゃ・・

○┼<  パタッ・・・・。

って。 ぇぇぇぇ?ヾ(;´▽`A“

意外と装備は柔らかかったようです。
それまで叩いてたロイ子さま強いのかも?

0012.jpg

0012.jpg

負けちまったィ・・。

■ The Last Day Battle 04
今度はGM二人と共に赤組です。

0009.jpg

MeLさま身長低く見える

0010.jpg

Final Battle

0011.jpg

スフィア近辺のキャラにタゲってしまうのは癖です

0013.jpg

GM様二人いたのに負けた・・w

この試合を以って打ち止めでした。
対人戦ならでは。っていう作戦が組めるゲームを久しぶりに楽しめた2週間でした。
唯、作戦といっても今一つ、Chat『 say 』での発言公開範囲がわかりません。
初期は、アリーナでも外でもsayで丸聞こえだったものが、いつだったか遮断になったのは分かるんだけれど、チーム別の発言になるのか、アリーナ内貫通なのかもわからなかったし、仕様変更の告知がもっと分かり易いと良いな。

UOのギルド戦の場合はギルド構成員のデータが公式サイトでチェックできるので分析して、戦略とIRCチャットでリアルタイムに統制取って攻める。
細工職人の罠貼りなんかまでやった事はなかったけれど、オルクスオンラインでは、殆ど個人判断だったと思います。
自分の場合は顔ぶれ見て、自陣と敵陣のポイントゲッターと猛者をチェック。開始直後に敵本陣特攻する人数見てあとは状況判断で自陣勢力の対スフィア火力見て自分の役割を模索する感じ。
ルールが明快で小難しさを省いた、よりスマートフォンらしくシンプルで手軽に誰でも参加出来る対人戦としてはとても面白いと思いました。

☆ 公式BlogのSS(→)に自分も写ってました。 (名前隠れてる右のほうw)

終盤にタイマンしてくださった
ち○こ様 (10分相手してもらって3回死にましたw)
ポ○ン.様
史○様
祓魔姫様 (踊ってただけか ^^; )
本当にありがとうございました。 m(_ _)m

このキャラのMVP回数は50+チョットくらいだったと思うけれど、相性や戦略ポジションで否が応でも攻めなくちゃいけない人もいて、以下の人には絡みたくなかったw(殺されるからw)
gi○mme様・デ○様様・K○rin様・百○石の姫様・ふ○あいの丘様・オ○クス様・稲○様・M○RMOR様・ち○こ様・と○る科学の様・ク○フネ様・S○ipo様・は○ぺん様・兎○檎様・全○で回復様・s○ra4542様・七○7☆様・ぼ○ぼち様・*鈴○*様・・・・
唯、逆にチーム戦で心強かったポイントゲッターYu-ha様、超神・たけと様を始め、 鳥肌さんの”ウォーン”は何故か士気が上がったり、不思議な安心感。

味方火力が不足の場合、敵側本陣で自陣を一人で守っている様な優秀なプレイヤーさんにはお世話になっていた気がしますm(_ _)m ゴメンナサイ

ストーカーするなという話もありますが、戦略の中にあることを考えれば自分の場合
火力のありそうなMageやSwordmanら4人くらいちょっかい出して焚きつけて対スフィア火力を奪って自陣への進行を妨げる様に、出来るだけ粘って死んで、また散開されないうちに喧嘩を売りにいって殺され・・ と、そんな策が吉と出ることも少なくなかったように感じます。
そんな攻め方だったので次第に近接戦闘に多少こなれたプレイスタイルになっていましたが、レーダーを見逃すといつの間にかGimmmeさんやKirinさんや百万石の姫さんに高い高いされて何も出来ず即死とか多々ありましたね^^;
3連ちゃん高い高いされたのは一度きりですが貴重な体験。
自分の場合は、多数の人にストーカーしてもらって全体戦力を奪いたかった派なのです。
巧くなれそうだし、敵火力一気に奪えるから一石二鳥? その間に味方陣が頑張ってくれれば勝率は上がるし、キルレートは自分の腕次第だし、ストーカーされるのも悪いことばかりじゃないという持論w。
コレやり始めてからデス率は猛烈に上がったけれど、勝率45%→50%↑にぐんぐん上がっていった気がする。(気のせいかも?)
周知されちゃうと通用しなくなっちゃうし、ポイントゲッターの方達や本陣防衛エースの方達は熟知していましたね。

0023.jpg

ある程度ランダムなチーム振分けなので特定の人が嫌になるということもないし、最凶に戦いたくない相手も味方になれば心強いと。この辺りはアリーナの仕組みはとても良いと感じていましたし。雰囲気の悪そうなプレイヤもいなかったように感じます。
自分がブラックリストに登録した人数は0でした。
ちずこ様とも話したのですが、アリーナ中のアプリ落ち→再戦の際の記録仕様は再考の余地が大いにありそうです。勝率上げにアプリ落とすとか何とか判別出来ない物でしょうかね。

レベル差や有料アイテムも無い状態だった所為か本当に面白かった^^

せっかくの美しいグラフィックなので、ウルティマの様に昼夜の景観変化があってもいいかもしれません。

最後に一言。

『  振 り 向 け ば ち ず こ 。 』

 

 

UO Factions War [派閥戦]  ( Not Raw )
YouTube Preview Image
UO Guild War [ギルド戦] ( Raw )
YouTube Preview Image

カテゴリー: GADGET, GAME タグ: , , , , , パーマリンク

オルクスオンライン Aurcus Online への2件のフィードバック

  1. ピンバック: [BLOCKED BY STBV] Aurcus Online β 其ノ弐 | Mic's Blog

  2. ピンバック: [BLOCKED BY STBV] Aurcus Online β 其ノ参 | Mic's Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">