印刷博物館 ソラマチ


凸版印刷の印刷博物館へ。


先ずは、無料エリアを・・・。と思ったら、館内放送がかかって。。
活版印刷体験講座を開催するのだとか。急いで、地下の有料エリアへ行き入場券を買う。
で、どこが会場だかわからなくて、案内を伺うと何故か一番乗り^^;

で。 撮影・WEBへの掲載可否を確認し、エリア限定でOKなところをば。
活字重い・・
このサイズで2kgあるのである・・。
国外の方も来ていたみたい?
結構みんな楽しんでやってた^^ お互いの会話はなかったけれど質問なんかも個々でしてて積極的な人多かったのかな。って感じた。
[硬] ←  打刻用 > タイプライタ用 > 活版印刷用  → [軟]
活版の方は、鉛・アンチモン・スズで柔らかい組成になっていて、300度で溶かして再度、鋳造し易い様にしてあるのだとか。
体験講座では7文字分のスペースしか使えないんだけれどね。
スペーサをそれぞれのセンスで選ぶ?ってくらいかな。
しかし、今思えば、自分の姓名ではなく 『 ルパン三世 』 としておくくらいの思い付きが欲しかったな^^;
この機械は英国製。 メッセージカードをやり取りする週間があるからこその機器だと伺いました。
ローラー二本が 『 インクを 練る 』 事が可能な最小単位とは気づきませんでした。
講座が終わっても、最後まで質問攻めしてしまった・・・。
ぃゃはゃ、基盤が載ってない機械って構造から動作を考えるの楽しい。。

時間が大分浮いてしまったのでソラマチへ向かう。

なんか・・・ ヒカリエに似てる?
1Fの 『 みちくさ餅 』 にて わらび餅 をば。 かぶりついて食べるわらび餅は初めてでとても新鮮でした^^
線路沿い、こんなになっているとは思いもせず驚いた^^
スカイツリー竣工前から写真撮りに来たけれど、その時はまだ工場倉庫が並んでたんだよね。
4Fだったかな、屋外エリアのベンチから隣のスカイツリーを眺める。
本日は強風の為、15時からエレベーター使えなくて入場不可だったみたい。
この場所は案外人がいなくて悠々と眺められる場所でした。
19:15だったかな? 上から順番にツリーが点灯し始めました。
綺麗に浮かび上がってて、この時間は20人くらい屋外に出てきた人でちょっと賑やかだった^^
自分たちの背後にあるビルに向けてシャッター押してる人がいて。真似してみた。
ソラマチ。

ミチャリン可愛すぎ(><;
細かい瞬きしてたけど、あれはローテクなんだろうか、ハイテクなんだろうか・・。
『東京スカイツリーのつくりかた』ってイベントのキャラクターみたいなんだけれど、未来館の企画展(有料)の時にはいなかった記憶。

別に上登らなくても十分面白いショッピングモールでした。 妙に和和和っとした感じが観光客向けなのに、改めてこういうのが日本っぽさなの?って不思議もあったり。また、ソラマチに来ようと思います。
で、待ち時間ゼロなら上登ってみたいかな・・。

————————–
● 『 活版印刷用語集 』 (GLOSSARY  朗文堂 アダナ・プレス倶楽部)

————————–
■飯田橋にて。
この車、上に載ってるの何でしょうか・・・ ちょっと不気味(つω ;

————————–
■ LUMIX GX1
・やはり、GF1に比べてかなり重く感じてしまう。 慣れるまで時間が掛かりそうだ。
・14-42のXレンズを購入したが、像は思っていた(GF1と20mm/1.7と比べて)ほど鮮明ではない。
・唯、解像度も上がっているので利用上問題は無く、自分は持ちまわしの方がプライオリティ高いのでこのままXレンズ付けっぱなし。(+ 20mm/1.7 を持ち歩くつもりです。)
・先日どぶ川の水辺を写真とって、改めてC-PLが欲しくなった。(プライオリティ低)

————————–
■BlackBerry9810
BB用SIMは赤SIMが好ましい。(特に9900以外) Φ(。。)
BlackBerryUserGroupJP書き込みより

————————–
■月々サポート・毎月割
DoCoMo 月々サポート
・ 『 独自調査:7月12日時点月々サポート一覧(FOMA編) 』 (ケータイ番長)
・ 『 独自調査:7月12日時点月々サポート一覧(Xi編) 』 (ケータイ番長)
・ 『 auの毎月割 一覧まとめ(新規・MNP、機種変) 2012年7月7日現在 』 (節約速報)

カテゴリー: 乗物, 景色写真, 買物, 食事 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">