トリッカーにアップフェンダーを

オークションで手に入れたやっすい汎用フェンダーを塗装&ステイを制作して装着☆
0704f右上はレア(恥)なダブルフェンダー。 出がけに間に合わなくて外す時間が無かったともいう。

0704e下地は黒だったのだけれど、削って、塗装・乾燥・水研ぎ の繰り返し。
空いてる時間が暗かったり、まとまった時間が取れなかったり、雨で乾かなかったり、強風で塗装が出来なかったり^^;
フェンダーが届いてから1月以上かかってしまいました。

0704aいつものお散歩コース。

0704b何となくオフロード感が増した感じ?
何となくセロー感が増した感じ?
枝がローフェンダーに挟まる様な事故は回避できるけれど、普通の道を走る分にはアップフェンダーはただのお飾りになっちゃうかな。

0704c裏もしっかり塗装しておいた方が良かったのかも…
ステイは横12x10(cm)に底辺10cm高さ2cmの二等辺三角形の頂点にM6。
フェンダー側はM6用ネジ穴だったけれど、ドリルでM8に拡張して、M8ボルトナットの黒セット4つに大きめのワッシャーを適当に。

ステイの自作が必要なのと、フェンダーも水平面の後部に穴をあければホーンへの干渉もないです。
自分は、ステイの素地である銀色にボルトを塗装するのに抵抗があったため、ボルトで選べるカラーが黒だったので、フェンダー側もステイ固定域周辺に黒の塗装を試みました。
どちらも最表層はクリアで。
[amazonjs asin=”B015995L2S” locale=”JP” title=”鉄/三価ブラック 小形 7マーク 六角ボルト (全ねじ) M8×25 (5本)”]
今回初めて知ったのは、ドリルビットに思っていた以上に手に入れるのが難しいものがある事。
セメント用や木工用はちょっと探せば10mmを超えるものも安価で手に入るのですが、鉄工用のM6.5以上のドリルビットは安易に揃わないっていう事にこの年で初めて気が付きました。

最近、とってもボール盤が欲しいパパです‥。
[amazonjs asin=”B000BUMSPE” locale=”JP” title=”リョービ(RYOBI) 卓上ボール盤 TB-1131K 木工24mm 鉄工13mm 4091131″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください