vaccine

DAY – ” -2 ”
自分の県では所属の公益団体が弱く職域接種がないのが不思議な状況ではある現況。お客様の接種率が着実に上がっているものの、自分が打たないという選択肢が職場環境的に選択不可能。暗黙の職場義務 状態。メリット踏まえて個人的にも大きくは迷わない判断。軽傷(入院必要性がないだけで苦しくないわけではない)はともかく併発可能性のある後遺症はやっぱり怖い。今後未知の変異株が出現し流行機序の変化があっても耐え易くなるのはありがたい。
(ロシアンルーレットではあるけれども。)
職場でも、痛くも痒くもない・肩はやっぱり暫く痛い・39度の熱が出たなど聞いてはいるものの、自分がどうなるかは予測すら立たたん。

そして、本日発送かと思っていた市の”55歳以下接種券”が、幸運なことに本日到着(同市内近年齢でも本日届いてない友人もいた)。
早速開封しWEB予約を。
集団接種会場3会場のうちの1つのPfizerのコミナティ筋注会場が、明日でも明後日でも可能という状況でした。
が、副反応を余裕観て仕事を休める環境にはない。
腕が上がらなくなっても下がれば問題ない。故、直近の平日午後休みの午後イチを選択し、予約を完了。万が一副反応が同時では家が回らなくなるので妻が同週末にずらして予約を完了した。
接種券開封後10分後には明後日の接種時間が確定。 政令指定都市&特別区以外で一番人口の多い市のはずだけれどもあまりにスムーズで驚いてみたり。( 日本の人口順位 → WIKI )

・2次:ファイザー3週間後・モデルナ4週間後
・発熱:ファイザー3.3%・モデルナ6.5%
・接種部痛:ファイザー92.6%・モデルナ87.3%
ファイザーHPを確認すると対象16歳以上が12歳以上に改定されてましたね。

◆ DAY – ” -1 “
寝不足での接種は絶対避ける
当日は普段より水分を若干多めに摂る
・体形による抗体量は関連無し
・筋トレ程度以上の運動は控えるべき
・接種後の飲酒は推奨されない
・接種後のタバコは影響ない
・市販の解熱剤 アセトアミノフェン(低年齢・妊娠中・授乳中でも可).ロキソプロフェン.イブプロフェン 3種あるものの、予防として服用することは推奨されない。
(薬局はどこも売切れなんだとか。)

◆ DAY – ” 0 “
9時に布団に入って0430起床。寝不足はない。
事前の予診票に記入。

”医師の診察・説明を受け、摂取の効果や副反応などについて理解した上で、接種を希望しますか。(□接種を希望します・□接種を希望しません)”

ん?
ここのチェックは、医師の診察・説明の後で良いのかしら?
こんなところで悩んではいけないのだろうか。

〇 集団接種会場 30分前に着いたけれど、15分前に予定時刻の列に並んだ。
先に20人ほど同時間帯接種の方が並んでいて、後ろにまた20人超。 身元照会のデスクに並ぶ頃に確認できる範囲で、この会場は15分区切り辺り50人程度なのかも。(粗い予測)

先ほどのチェックシートの件を予診チェック受付で尋ねる。
ぱ:日本語の解釈が難解でした。教えてもらって良いですか?
→ a.このまま無回答で、医師の診察と説明を受けてからチェックとサインでも構わない
→ b.ここでチェックとサインを記入してもらっても構わない。その際、医師に話す事がなければ簡単な受け答えで接種に進める。
とのこと。
ぱ:大きな違いはありますか?
受:特にないですし、チェックとサイン済みでも話したいことがあれば話す事も出来ます。
ぱ:ではここでチェック入れします。(サインは記入済み)

時間通り。列へ並んだのが予定の15分前。受付予定時間から接種(ブースは6)までが15分丁度。接種後待機が15分超。並んでから建物を出るまで50分。
ありがとうございました。お疲れ様です。を伝えて終わる。
待機会場に15×6 以上の人が離された椅子で規定時間が経過するのを待っていましたが、自分がいる間に不調を訴える方は0でした。
(待機中はKndleを眺めてマーカー入れて過ごしていました。)

アナフィラキシーもなく。思っていたより接種位置は上なんだな。程度。
午後は敢えておとなしく家で過ごしました。
コミナティ筋注[Pfizer]
直後:痛くも痒くもない。
10時間経過:局所(4cm四方程度)に軽い鈍痛
夕方、ちび子と激しめに絡んでるところは心拍上がっていた模様。(無碍に出来なくて相手をしてしまった。)
職場的に、武漢肺炎(COVID-19)始まってからは1分おきの心拍をモニターしていました。
MiBand6は今の所SpO2の常時モニタリングは出来ない仕様。
センサーと腕の距離が微妙過ぎてアップデート程度では無理だろうと思う。計測に結構神経使うんですよ、”腕から離せ”・”離し過ぎ”の表示がものすごく細かい距離で且つ、この表示が1.5秒ほどラグがあるので癖が強い気がします。
(あぁ、mm単位の調整なのに1.5秒ほど前のあの距離か!となってしまう。)

◆ DAY – ” +1 “
昨夜02時頃(接種13時間経過)、右肩(接種側)を下に寝返ろうとしたら鈍い痛みで覚醒。
朝しっかり覚醒して過ごしていると、ノイズでかき消される程度で、日常動作には全く問題もなく、仕事も今の所問題なく過ごせています。
・自発痛はない
・圧迫で中程度の鈍痛
・肩の可動域制限はなし
・肩関節のみの全方向稼働での疼痛もなし
・肘を屈曲して天頂へ向けるのは無痛
・指先まで真っ直ぐ腕全体を天井へ伸ばすと、伸びきる直前の、前方5°手前から・外方60°手前から・後外方100°手前から(・内側からは無痛)の動作範囲で接種部位がやや痛む。
・夕方から多少倦怠感が出ていました。
・就寝時に接種側を下にしては寝付けない
・過去靭帯断裂を伴う捻挫部位(20年前の古傷)に熱感と腫張感。

◆ DAY – ” +2 ”
寝つき時に下に出来なかったものの、寝返り中に痛みが軽減して摂種側を下に眠れるようになった。
起床後は部分圧痛範囲も狭小してピンポイント2cm範囲程度に。古傷の腫れ感&熱感もなくなって朝を迎えました。(昨夜だけの症状のようです。)
昨日今日と自転車で通勤。自転車中も変化は何もない様子。

と思ったら、昨夜、ちび子が嘔吐。本日昼前小児科でRSウイルス陽性という事で。
ということで、恐らく発症しないだけで家族全員なので^^;
DAY1とDAY2は、RSウイルスとの免疫抗争と重なってしまっていた、ワクチンの純粋な後反応ではなさそうです。
何の参考にもならない記録と化した模様。m(_ _)m


気になるのはワクチンパスポートでの旅行(12歳以下の小児児童同行のケース)と、ワクチン肯定的ではない友人・お客様達とのお付き合いか‥‥。シンプルなのに根深そう。
直近では
・若〜中年層での流行
・中年層のワクチン供給不足
来年中にはワクチン供給問題は解決するとして。(アンジェスがP1/2で塩野義よりも進んでいるとは。。)
イスラエル・イギリス・オーストラリア。動物達にも感染が及んでいることを考えるとコロナ前に戻る。という目標を目指すのは誤りで、新しいスタイルの構築が必然になる未来しか見えない。
「ワクチンの効果落ちている」調査結果 ファイザー製「95%→64%」の衝撃 [JCASTトレンド]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください