「Kindle」タグアーカイブ

モノが増え・・

アウトドアで何かと世話になってしまうAB氏から、避難訓練のお裾分けと称し・・・防災備品を頂きました、感謝。
何時間被災状態で過ごすのか。に因るので多いのか少ないのか判断はつかないのですが素敵な道具です。使わないに越したことがないアイテムですが。
昨今、隣国(国際法よりも国内法を優先するアノ国)が法律の改正を頻繁に行っていてその内容が非常に恐ろしい。
触れませんが。
調べてしまったのだけれど結構いい値段の様でした。
さて、置き場をどうしたものか‥。
ちび太のアイテム・ちび子のアイテムが増える事にも備えて、書籍が空間をかなり圧迫している現場に対策を迫られカウントダウン状態に。

そもそもは、2009年の第2世代から利用しておりましたが、旧モデルはほぼバッテリ劣化で起動も充電も不可能に。(データ削除も出来ないので人にも渡せない)
一番のお気に入りは2010年発売の第3世代でした。
この時KINDLEは音声読み上げMP3プレイヤを実験搭載と言いながらイヤフォンジャックをサポートしていましたし、第3世代には音量のボリューム物理ボタンも。また、ユーザーコミュニティで様々なPC化を実装させるゴニョゴニョが‥。
現在は2014年発売のVoyageを2015年に購入して利用しています。この頃には既にかなりマッシュアップされてきていて、より読書に特化しつつ、今では需要によりマンガ向け大容量モデルもあるようですが、自分使い的には2014年モデル以降は特に乗り換える魅力を感じる端末は出ていないです。
が当初より、ReadItLater(現在のPocket)とInstapaperをSendToKindleを介してKindleにブラウジング中の注目記事を1日分まとめて書籍化して送る機能が逸品で今でも利用していますが、良し悪しがあって削除作業の反応が遅くてそのデメリットが鬱陶しくは感じていたり。複数選択を可能にしたファイル操作を可能にして欲しい。アップデートで対応できるレベルなのに。
Audible対応のBTイヤフォンヘッドフォンサポートKindleが出るまで買い替えはないつもりです。
本というスタイルでは主にKindleではKindleUnlimitedで気になったものを読む程度で本当に読みたい書籍は物理メディアを購入していたし、経済系やら実用系やらの雑誌系はdマガジン、NewsPicksを斜め読みとデジタルとアナログを混同しながらアパートの容積を書籍がひっ迫させてきていました。
が、チビの持ち物を考えると完全にデジタル移行するしかなさそうです。

ちび達には、今は紙メディアに触れてもらいたいので。


理系分野では(受験を考慮はしていないので)、SDGSを考慮した開発が求められ、出来るだけ近年の新しい情報と技術環境下で著されたものを選ぼうかと。
LIMEX・水性リチウム電池・原子力電池と化学/科学のヤベー(Dr.Stone風)進歩により基準となる環境が物凄い勢いで引き上げられています。

結局、自分の紙書籍はもう一度ずつ読んでメルカリ処分で立体収納の空間を取り戻さないと不味い状況に。Kindleも日本版購入モデルは処分しようかなと


1歳7ヵ月ちび子。
みかんを0から自分で向剥きます。
ゴミもまとめるようです。
食に貪欲ですが、野菜果物お菓子好きなものだらけです。
右手使いつつ
左手も。二刀流で攻めます。

剥くことすら教えていないのに。。
食欲のモチベーションが偉大過ぎデス^^;


Screenshot of www.jiji.com

人口8000万人超。物理学出身の首相、真面目な国民性、マスク歴10ヵ月。PCR多発と真面目な国民性で第一波を抑え込んだものの、11月2日から来年1月10まで部分的都市閉鎖を延長。1日の新規感染者4000人程度が続いている。日本の1億3千万人のスケールに合わせると1日6500人相当の状況[12/10リアル値は2970])
Screenshot of news.tbs.co.jp
PCR多発で凌いで対応してきた勧告も12/8から3週間の部分的都市閉鎖になっている。
Screenshot of web.sapmed.ac.jp

日本語記事ではドイツの失敗を報道する機関は少ない。
本邦も先週比の伸び率がヤバイ。11月の3連休が奔放過ぎ?
大手メディアのCovid19関連ニュースは煽り的なものが多く、全体をのべると有用なものが少ないと感じました。BBCの回復時期予測を受け、年明けの大手メディアは政治批判記事ばかりになる気がします。

Screenshot of jxpress.net

・家庭内感染が増えている以上、大きな何かを変えないと短期で数を減少させる事は難しそう。
・ロックダウンは劇的に有効だが痛みを伴い過ぎて裕福ではない人ほどその被害が増大。
・世界同時に数を抑えないと一時的に抑制出来ても風邪の移しあいになる可能性は極めて高い。一時凌ぎの対策回数が増えるほど財政を逼迫し、後の世代に遺恨を残す可能性大。
・対応基準がバラバラな中、国家間の往来制限を緩める事には熟慮が必要、緩めればまた一時凌ぎを繰り返す可能性が高い。→ オリンピック・・
・国別の比較は医療のレベル・体制、保険制度、政治が異なるので、数値すら簡単に比べることが出来ない。
(ブラジルの死亡者数は発表数の2割増しだと取引先の現地在住社長さんが教えてくれた。)
・ワクチンの副反応・副作用・抗体維持時間、今の所明確ではないが、諸症状を製薬会社は把握している。
・白人体質向けの開発がメイン、黄人種体質且つ、本邦での一般予防接種歴での治験数とその報告は少ない。因って、急げという論調とも距離を保つ方が安全だが、状況次第では人柱的ででも?急がざるを得ない?
・ワクチン接種時の副反応は出れば重いという報告が少なからずあり、副反応発症から回復まで職務を遂行できない可能性がある。仕事の日程と接種日とを慎重に選ばないと不味そう。(正月休み前だと良かったんだけれどなぁ)
・0か1かではなく閾値判断のPCRでコロナ検出不確実性は概ね事実(発症からの日数により確度の変動が大きい)、採取検査時点での陰性/陽性証明にしかならず、翌日の陰性を証明及び保証はしない。
・医療機関に負担を掛けない行動を日常で選択するべき。

読み放題サービスがありがたい

現在は、dマガジン(160誌↑・1000冊↑)+Amazonの99円均一(不定期・売切)で運用中なのだけれども、楽天マガジンが380円(200誌)でdマガジンと同ジャンルサービスがあって、最近、この楽天マガジンが200誌対応を表立って宣伝しているのを見かけて、読み放題サービスの乗り換えを迷っている。
Amazonの『 Kindle Unlimited 』(980円)は色が違う(雑誌はない)ので乗換るといったた代償先にはならない。

読み放題サービスの中でも、雑誌しか読めないというジャンル限定なのが
『dマガジン』『楽天マガジン』『タブホ』 であって、その他のサービスはコミックや書籍を取扱うのが通常なのだけれど、あまり宣伝されているようにも感じない。
強いていうならば、auのブックパス(雑誌+書籍+コミック)くらいしか自分の周りでは話すら聞かない。(そもそもプライベートで利用を他人に語るようなサービスでもなかったり)
読み放題サービスの利用に拠って、これまで読んでいなかった、手に取らなかった雑誌をじっくり目通し出来たりと、世界が少しだけ広がった錯覚も起こしましたが、子育て雑誌の特集等想定していなかった実益も生まれた実感があります。

こんな体験が500円も掛けずに出来る時代になったことに驚きです。

様々な読書を考える中で外せないのは電子書籍販売で、先陣を切った読書専用サービス『Kindle』で、個人輸入端末4つと国内モデル2端末を所持しています。

◆Kindle(電子インク版)の特徴は
・国内販売されていなかった時期の電子インク端末は英文書だと音声読み上げが出来ていていて、それらが可能な端末はMP3再生が可能だった。
・辞書が付いている
・マルチプラットフォーム(電子インク端末・iOS・ANdroid・BlackBerry・ブラウザ上)で、OS固有のアプリやブラウザ上でKINDLE端末からの続きや、ハイライトを追っていくことが出来る
・目に優しく、バッテリーの持ちを気にしなくて済む
・低解像度&モノクロなので、著しく雑誌向けではない
・無料3G付きの端末もある
・物理UIや端末形状が長時間の文庫読書に極めて最適
・低容量故に、文字以外が中心になる書籍・雑誌は端末に多くは置けない
・Instapaper経由で、気になった記事を1日毎にまとめてKindle本にしてアーカイブ出来る

読み放題サービスとしてKindleに提供されている『KindleUnlimited』は読みたい本があっても、意外と割高なのかも知れないけれども、一冊でも読みたい本があれば元は取れるし、他の雑誌読み放題とは全く違ったタイトル揃いなので、本好きにはたまらないかもしれません。
唯、そこまで本が好きなのであれば、好きな本がなければそのサービスの存在価値も見いだせないという難しい側面の残ります。
KindleのUnlimitedに雑誌がdマガジン程度の取扱があれば、KindleUnlimited一本に絞れるとは思うのですが、残念なところです。

ところで、雑誌を読むに至っては、個人差もあるのだけれども
レイアウトに不規則さがあって、写真やイラストを多用する雑誌を小さな画面にで見るのは不便極まりない。
ゆっくりと広い画面で家のPCで閲覧できるならそれはそれでありがたいし、自分は専らタブレット利用になっています。
読み放題サービスの雑誌に関しては特に、可読期間が短いので、Kindleのハイライト様の機能も実現できるはずもなく、気に入った記事や写真イラスト等を残すには、高解像度のタブレットでスクリーンショットを撮って保存するしか無いのが現状だと思います。
その為、高解像表示可能な端末が必要になってきてしまうのです。

高解像度でお勧めは
[amazonjs asin=”B00SIL6N5E” locale=”JP” title=”Dell Venue 8 7000 薄さ6mm 超高解像度 Real Sense搭載 Wifi ac対応 (Atom Z3580/2GB/16GB/8.4インチWQXGA/802.11ac/3Dカメラ/Android5.0 Lolipop) Venue 8 7000シリーズ 15Q41″]
● Venue8 7840 【利用中:Amazon(米)で中古購入した32GBモデル】
8.4inch 1600×2560 Android
高解像の割には?故に?CPU非力で挙動はモッサリですが、画面サイズ・本体サイズ(厚さ6mm)・表示解像度の高さのバランスが良く、持ち歩きも苦にならず、持ちだしでの雑誌・文庫共の読書には非常に最適だと感じています。
唯、SIMスロットがないので、テザリング or Wifi環境下 でないと捗りませんね。
持ち歩きにiPadじゃデカイし、6inch台では雑誌に見渡しが効かなかったりで結局落ち着いたのが8.4インチでした。8inch台でiPad以上の高解像なAndroid/iOSを搭載しているのは現状このモデルのみではないでしょうか?
他の8inchだとNexus9 や ZenPad S 8.0 Z580CA でも1536x2048なのでそこを上回るディスプレイになっていますので。 ただ繰り返しますが、ある程度負荷のかかるアプリケーションではかなりモッサリを感じてしまいます。 それでも、他にこの類の8inchが無いので先々暫くは読書端末として利用です。(作成した動画の持ち歩きや復讐[訂正箇所洗い出し]にも利用しています)

[amazonjs asin=”B018C91QW6″ locale=”JP” title=”SO-03H Chorome エクスペリア XPERIA Z5 Premium クローム シルバー docomo版”]● XPERIA PREMIUM
5.5inch 2160x3840 Android
圧倒的な高解像に、キャリア端末ならではの入手し易さが素敵ですが、アプリでピクセル等倍表示が可能であれば、スクリーンショットには最も適しているかもしれませんが、この端末自体は5.5inchなので文字のみの媒体ならともかく雑誌を読む気にはなれませんね‥

[amazonjs asin=”B017YWDZLW” locale=”JP” title=”APPLE iPad Pro Wi-Fiモデル 128GB スペースグレイ”]●Appleは本気出さない会社(低解像路線)なので
12.9inchあるiPadProでさえ、2048x2732 という体たらくです。13インチクラスの液晶積んで4K撮影できても4K再生が出来ないとか何事かと感じてしまいます。ちなみに9.7版Proは1536x2048ですが、見渡しが必要な雑誌を読むには13インチは一番最適なサイズかもしれません。 唯、持ち歩く気にもならないのと、文字のみの書籍ではかえって読みにくく感じるので、 色んな意味で論外(保存したファイル操作の不便さ)だと思う。

●Kindle
AndroidモデルはカスタムOSですが、一般のAndroidとそんなに離れた印象はないです。(Root必須)
電子インク版端末でこそのKindleだと思いますが、汎用性もなく、低機能化というか、単機能(読書への徹底対応)への削ぎ落としが進んでいました。最近では、先祖帰りで音声読み上げ機能が復活(Audibleとして)するだとかしないだとか‥(現在Audibleの機能が有効化された電子インク版KINDLEは無い様です)
Android&iOSではAudible(Amazon)で音声読書をサポートしているのも面白いですが、雑誌は流石に扱いが無いですね。ビジネス・洋書・自己啓発・落語・講談・健康・子育て・語学あたりは面白そうだとは思いますが、10月になったら無料3ヶ月を適用して体験してみようと考えています。

結局、雑誌読み放題は、何れも今まで購入していた  ダイヤモンド・東洋経済・Tarzan に、流し読みのPresidentやGoodsPressはどの雑誌読み放題にも入っているので、定期的に購入していてもどちらにも入っていいない”GARRRR”が対応すれば速攻そちらにサービス移動したいところです。
[amazonjs asin=”B01IW56LT8″ locale=”JP” title=”GARRRR(ガルル) 2016年 10 月号 雑誌”]

お願いします(>ω<)ノノ

少ないかもしれないけれど、雑誌だけで3000円以上かけていた月の書籍代が480円+(たまにGARRRR)だけで済むようになってしまったことは本当に驚きです。

最期に、自分の感じた読み放題のデメリットを
・掲載期間が過ぎると、バックナンバーが読めないこと
・キッチリとダウンロード型として動いていないようで?早捲りすると表示待ちが多々あってストレスを感じます
・PocketやInstapaper等のお気に入りに送れないこと

くらいでしょうか? お気に入りを残せない代わりに、高解像度端末でスクリーンショットで残せるので最後の一つはデメリットとしては半分克服したようなものですね。

 

旧型Kindle放置端末に荒手のUPDATE 【2012PW以前の端末】

Kindle電子書籍リーダーのソフトウェアアップデートに関する重要なお知らせ

期限(2016/3/22)までに端末のアップデートを終えていないと所有コンテンツにアクセスできなくなるアップデートが行われているとの事。
尚、BINファイルをAmazon該当ページよりダウンロードして手動UPADATEすることにより、2016/3/23以降も継続利用は可能です!!

とりあえず、取り急ぎアップデート作業を進めてみた。

● The second generation (2009) Kindle
3G (→.com該当手動binページ)
0319a2.3.3(431100003)+UFDDH 0.3y
だったものを、2.5.8へ。 と。 UPDATE失敗。
ytsuboiさんのKindleHackをアンインストールしていなかったのが原因。ytsuboi’s blogさんの該当ページよりアンインストーラBINを当てて正規版状態に戻し、
0319b再びUPDATE.BINを移動して再起動して、UPDATE実行し、無事に足切り回避なVersionの2.5.8に。0319c

● Kindle Keyboard (3rd Generation 2010) 3G (→.com該当手動binページ)
→ バッテリー充電の不具合で 作業進行せず。
純正アダプタ&ケーブル見つからず。が原因なのか劣化なのか…

● Kindle Touch (4th Generation 2011) 3G (→.com該当手動binページ)
→ バッテリー充電の不具合で 作業進行せず。
→USBケーブルを外し、電源ボタンを40秒スライドした後、再度接続した事で充電が始まりました。(というより、充電自体は出来ていたのに操作が効かなかったような感触)

● Kindle Paperwhite(5th Generation 2012) 3G
・JP https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201177270
・COM http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html?nodeId=201064850
OTAで自動でUPDATE(5.7.2.1)が当たっていた。

● Kindle Voyage (7th Generation 2014) 3G
【この端末においては足切りに該当しない】
・JP https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201630670
COM http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_cn?nodeId=201630670
OTAで自動でUPDATE(5.7.2.1)が当たっていた。

 

UPDATE内容は悪くはないのだけれども。Kindleそのものは低機能化(読書端末として絞った機能切り捨て)の切ない進化を含むものだったので、個人的にはそっちのガッカリの方が大きいかな。

Kindle読書

KindleのAmazon縛りがかなりきつくなってきている様です。

KindleはAmazonの電子書籍リーダーでAndroid系列のFireシリーズを除くと、
・e-inkを特徴とし、液晶より遥かに閲覧が目に優しい
・液晶よりは圧倒的に低解像(文字はそれほど汚くない)
・6インチ周辺で薄くて軽量
パパが使ってきた範囲では最近の端末は低機能化することを強みとしている様に取れます。
確かに、メールチェックや他のアプリが気にならずに読書に専念出来ることは望むところでもあるし、専用機としては当然なのかもしれません。
そんな低機能化で切り捨てられた機能の中に、とても個人的には有用だと感じて止まない機能もありました。
・mp3再生機能
・音声読み上げ機能
この2つは、読書端末という点で見れば大いに不要な機能だったのかもしれませんが、辞書機能やWiki検索が標準搭載され、3G(無料SIM搭載)されているが故に、語学学習・音声学習的利用にも非常に著効であった為、パパ的には復活してほしい機能でもあります。(機能を絞った新機種が安価。と言うわけでもないので。)
3GSIM搭載の通信無料の利用制限は致し方ないモノでしょうし、テザリングが容易になった今となっては代替手段も幅が増えた(Hotspot・無線LAN等)ので、あるだけでそれらの操作に手間や思考を邪魔されずに基本的なWIKI等関連項目を参照可能な部分が残っているので、パパは3Gモデルは、マストではないのですが外せない程度のプライオリティで選んできました。

↓手持ちの3G・広告なしのスペック・価格表(+PW3:不所持)↓

2Gen 3Gen Touch PW2 Voyage  PW3 (2015)
解像 600×800 600×800 600×800 768×1024 1072×1448 1072×1448
階調 16 16 16 16 16 16
ライト × × ×
容量 2GB 2GB 4GB 4GB 4GB 4GB
イヤフォン × × ×
3G
発売 090209 100825 110928 120906 140917 150630
キーボード × × × ×
捲りボタン × × ×
重量 289g 247g 149g 215g 188g 205g
読上 × × ×
価格 $299 $299 $189 ¥14980 ¥31180 ¥21480

Kindleそもそも電子書籍は、ハードを選ぶと考えます。
軽量でテキストが中心で屋外でも使えるとなれば、Kindleのeinkモデル一択かと。
カラーが重要であれば、液晶モデルのiPadや泥タブレットで読むべき
見渡し(雑誌等)が重要であれば、大型のタブレットで読むべき
が原則になると思います。
einkモデルの軽量・小容積のメリットがおいしいものの、用途的に向いていないのは、大容量PDFの購読と漫画の購読でしょう。
・大容量PDFは低容量のeinkモデルには向いてない
・絵を楽しみたいのであれば解像が高くても16階調表現では汚い
・どちらも読み込み・ページ捲り時の描画に時間が掛かる
因って、einkモデルで最適な本は活字本が中心が最なジャンルになる。

今でも本は、同じ実用書でも、Kindleで購入するケースと実書籍で購入するケースが2:8程度です。
今は通勤に乗り物を利用していない為、利用頻度自体が減ってしまったという理由もあるのですが。

落ち行く怠惰に任せ行く電子書籍の魅力とは
・ページを捲るのに両手を使わない
・店に行かずとも紹介された本を即DL購入出来る
→タイトルさえわかれば1分もあれば手元に
何冊も鞄に積み込まずに済む上、一冊分より小容積
・ライト搭載で暗環境下でも容易に読書できる
・寝落ちしたとしても、どのページまで読んだかが記録されている
書籍内で多くの人がどこを重要だと思って読み進めたのかがわかる
マークした単語の”辞書”・”Wikipedia”・”翻訳(現:16言語)”の検索がほんの10cm程度指を動かすだけで、同じ画面上で完了してしまう
・マークした範囲をTWやFBで容易にシェアできる
(シェア機能は利用したことはない)
・”SENDtoREADER”・”INSTAPAPER”・”KLIP ME”・”push to kindle”等のサービスを用い、スマホやPCで気になったWEBの記事を後でまとめてKINDLEで読める

この辺りが、電子書籍のメリット全般かと思います。
Kindleならではというところで、ファイル汎用性の問題もありますが、世界的なシェアを持っているだけに、Kindle対象のアプリやサービスが豊富なのも世界シェアの力かと思われます。

それでも実書籍の購入率が8割です。  が ね。
年間購入書籍数も多くもないですし、仕事先の本棚に寄贈する定期購読本もあるので。

要は、用途と連携アプリなどの端末周辺知識が活かせれば、書籍リーダーとしての利用のみにおさまらない、能率を上げつつも集約された「読む」という作業の最末端に出来る端末になると捉えています。
(容量や、ファイル整理の際のファイラー機能拡張は先が遠い)

※Kindle以外の電子書籍リーダーは利用したことがありません。
m(_ _)m
[amazonjs asin=”B00QJDOM6U” locale=”JP” title=”Kindle Paperwhite (2015) Wi-Fi”]
[amazonjs asin=”B00QJDO7ME” locale=”JP” title=”Kindle Paperwhite (2015) Wi-Fi + 3G”]
[amazonjs asin=”B00M0EVYCC” locale=”JP” title=”Kindle Voyage Wi-Fi、広告表示モデル”]
[amazonjs asin=”B00GMUPAIO” locale=”JP” title=”Kindle Voyage Wi-Fi + 3G”]

PaperWhiteニューモデル(2015版=PW3)とVoyae(2014)はどちらでも後悔はないと思います。
自分がVoyageを選んだのは、ゴリラガラス版Kindleを試してみたかった為で、更に3G版を選んでいるのはネットワークを接続させる作業を気にせずにKindleのフル機能を活かしたかった為です。

活字本を読まれる方で、興味があるっていう程度であれば、PaperWhite2015モデルで先ずは体験されてみてはいかがでしょうか。
Voyageはお試しには高額すぎるのと、PaperWhiteの方が物理的には傷つきやすいディスプレイなのですが、ゴリラガラス版より少しだけ目に優しい様に感じました。
PW3(2015)とVoyageでは重さの20g差と物理捲りボタンの差と画面表面素材の差があるのですが、値段程の差異にはならないと考えます。

einkモデルであるこれらは、どちらも液晶とは比べ物にならないほど目に優しい表示方式である事は、5分も眺めれば感じられるでしょう。

活字本を読むのであれば、PW3
洋書の活字本且つ読み上げ機能を中心にするのであれば、 読み上げ操作の簡易性からKindle3Gen (読み上げは英字本のみで有効)
がお勧めになります。 Kindle3GenはeBayが¥7,000程度、即決で¥12,000が落札の目処かと思われます。