「節約」カテゴリーアーカイブ

ディーラー安全点検

3(2でしたが)連休中にディーラーの定期安全点検で1時間ほど。
足で左側2列目のスライドドアを開けるセンサーの調子が悪いのと、オートパイロットが白線を超えるほど左に因ってしまう事象。
(正月は平気だった。)
を相談しつつ、点検項目には何のトラブルもなく終わりましたが‥
「外に張り付けてあるパーツあのままだと車検通らないので車検までに外しておいてくださいね。」

ぐふっ‥。
カナード500円、エアロフィン20個で300円弱か。

外しましょう。
TOYOTA車だと標準で成形されているモデルもあるのですが、出荷時についてない装備になるので、後付けの突起物扱いとなるそうなので留意が必要です。
まぁ、どちらもゴム製だし、事故のハイエナジーに対して取るに足らない微差、若しくは、クッションとして働く程度のはずなので危険物ではなく、寧ろ安全装置?(汗)的存在のはずなのですが、決まりなら仕方ないし、拘りはなかったり。


最近は、畑もアウトドア系もオフ的シーズン。
例のアレもやはり方向性のないコピーミスの中からたまたま??生まれた猛者が既存株を駆逐し始め‥相変わらず読めない。
取り敢えず、行動のベースになる車の足回り以外の環境改善を。

・朝の陽が遮り切れない自作の遮光板を取り急ぎ形にする。
・アシストグリップにタイラップ固定だった棚の固定を拡張性と固定力を上げる。
隙をみてちょくちょく進めています。
前回の銀マット遮光シート+PPは薄くて、扱い易かったのだけれども、
100均の銀マット+PP板のみで、遮光性があまりに弱すぎた。
夏4時台の朝焼けにすら耐えられないし、目隠しには十分だけれども、外から見ると銀色で夜は室内の灯りが漏れる‥
薄さ故、窓ガラスと内張りパネルの隙間にねじ込めて固定具が要らない側面もあり、簡便性携帯性は良かった。裏に大きめの5㎜厚の(Dais〇製)PEボードを追加接着して、表裏両面にフェルトをまたまた接着。

3列目の両サイドは、車中泊最中以外は空間は明るくしたいので内側を明るい色にしたかったのだけれども、近所のDAIS〇には白やクリーム・ベージュはなく、黄緑しかなかった‥。あと、DAIS〇のPEボードは黒だけサイズ小さいのは近所の店舗だけなんだろうか?小さいのは継がないといけなくなるので、大サイズの水色と白を使ってます。大サイズ黒が欲しかったです。
リア窓は車中泊時以外は使わないので表も裏も黒フェルトです。
半田ゴテで貫通させてハトメを打って インシュロックで取っ手に!(みすぼらしい (;ω;) )
窓枠サイズより2㎜程度大き目にしているのでこのパーツは必須です。また、窓枠に隙間なく嵌る感じなので断熱や冷気の吹き下ろしを減衰する効果も期待できそうです。
遮光性↑↑↑、こちらもしなりにより固定具なしで窓枠に嵌ります。
肉厚でしなるので、万が一事故になっても怪我を助長する要因にはならないつもりです。
最後の固定にナイロンみたいなコート製ホチキス芯でコート剤溶かして溶着みたいな工具があれば良いな~なんて妄想も。(過熱で一部が溶けてくっつくタッカーの様なもの)
フェルトの仕上げが丁寧ではなかったけれど時間があまり掛けられないのでそこはカット。
↑Before
↑Before
前回は駄々洩れだった夜間の車内光漏れも皆無。
構造や素材も接着剤以外は100均なので良い工作ブツだったかと。86点。
今の所、3列目両サイドと、リアの左窓のみ完了で、フロント以外の全窓分揃うにはまだまだ期間がかかりそうです。夏までに終われば良シ。

アシストグリップ取り外し。ターンナットに台座載せて。パイプジョイントで挟み込んで。

設置1年。ようやくインシュロックを卒業できました。

段差の乗り越えでもパイプフレーム構成物が軋まなくなりました。これで左3列目上部にクリップタイプの扇風機やライト、矢崎イレクターのジョイントアイテムが増設できるようになります。


純正ナビオープニング画面を野菜&Snowpeak仕様にしてみました。

ついでにCarPlayのミラーリンクを少し。
過去記事の続きです。※JBなしでは同様の動作は出来ません。
→【HONDAナビApple CARPLAYでYoutubeを試す
仮想デスクトップアプリで使いどころは少ないけれど、ナビ画面で操作する違和感は面白い。

主要な4PC(WINx2 MACx2)
ナビモニタもミラーリンクなのでタッチキーでMacにログイン通知やタスク・スケジュールの確認くらいかな。
自宅のメインWIN。(デュアルディスプレイですがメインディスプレイ側描画ディスプレイは選択可能。) こちらもエンコード等PC処理時間が長いもののタスクの進行確認程度かな。ファイルの転送起点にもなりえますが、Dropboxに残していない意図しなかった製作ファイルの操作くらいかと。
CHROMEブラウザで当サイト。

後、画像出せませんが、実家の防犯カメラの様子を車のナビで見る違和感が面白いです。妻とちび太の買物の間、眠りに入りそうなうとうとちび子とおしら先生とガチャピンの歌を聞いて・・
いたうちに、ちび子は眠りに落ちました。

 


情熱的なのに情熱押し付けず感動をマメに解説。
自分自身の能力で気づけない優れた分析による留意/技のポイントも惜しげもなくものすごい情報量。こんな分析が楽しく無料で世界中誰でも得られてしまう時代にプロの稼ぎ方も考えさせられてしまいます。
奥義以外の出し惜しみは自分の首を絞めてしまうような時代なんでしょうね‥

それにしても、歌を聴くそれだけの行為でも、国語力でどのレベルまで受け取っているのか。っていう問題も浮き彫りになったり。国語力の大切さに気づかせてもらいました。

おしら先生大好きです。

印旛沼で日没を

晦日。
今までの人生になかった世界規模の強制パラダイムシフトで破茶滅茶な1年の終わりを迎える。それでも地球は回ってる。って感じだけれど前を向いて歩くしかないですし、本邦はうまく立ち回ることが許されないっていう締め付けの強い国でもございません。(憲法移動の自由が民主的且つ強力に尊守されているので)
恥の文化・村八分といった人目を気にする文化である中、子育てや子供たちの健康の為とあれば、少しだけはみ出てしまうことも多めに見てやってくださいませ。

Screenshot of web.sapmed.ac.jp
Screenshot of web.sapmed.ac.jp
日本は世界10位の人口、60位の南北に長い国土面積を保有しており疎な環境密な環境、事態の受け入れ方・立ち回り方も様々であり、
Screenshot of diamond.jp

新しいデータではありませんが世界一の大都市圏を持つ国でもあり、第3波で東京新規感染者が4桁/日を迎えようとしている今でも、微妙なバランスを保ちながら世界的には結果としてうまくCOVID19を迎え撃てている状況ではあるようです。
(政策が優秀かは全てを調べてませんので知りえません。国の規模で可能な政策は限られていたり、個々の文化により同じ政策でも異なる結果が出ることもあるでしょう)

家族全員通勤通学に公共交通機関や集団登下校を利用しない環境。
そんな自分も仕事、ちび太も幼稚園、妻とちび子は買物、お客様や家族から新コロを頂いてしまえば家族もろともイチコロにされてしまうわけですが。やれる事は出来うる限りやって凌ぐしかない。

午前中、車の掃除機掛け。

SHARKのハンディでは埒が明かなかったので、部屋のSHARPの100V掃除機を絨毯ブラシモードで掛けなおしたら劇的な変化があり、その発見が嬉しかったり。掃除機の掃除をしてその機構が面白いな。なんて発見もあったり。
掃除の間、ちび太もタブレット学習を1時間ほど進めていた(昨日と一昨日は4時間/日をこなしていた)ので最近ちらちら出てくる「公園で走りたいよー」なんぞを汲み、日常との変化の割に人の少なそうな場所へ向かいます。大晦日では締めに来る人が多かろう。という読みもあり今日が最適かと。

先日たまたま見つけた印旛沼公園を目的地にして

Screenshot of www.pref.chiba.lg.jp

妻とちび太が散策、ちび子はチャイルドシートで昼寝、自分が3列目の車中泊&畑敬アイテムの整理と整備をば。
ちび太ずーッと走りっぱなしだったらしい。

ドライブを兼ねて通ったことのない道で帰路をとりつつ、年末休園中のキャンプ場が近かったので立ち寄り、様子見をば。
時間的に夕暮れを眺望することに。印旛沼サンセットヒルズ。日柄もあってか他に1家族しかおらず。後半は貸切状態。
ちび太とかくれんぼと追いかけっこが出来ました。ち:「モグラの山、踏んで良い?」
ぱ:「気持ちはわかるけれど、我慢しよ・・」
なんて、返事を聞く前に走り出す輩め‥ここのキャンプ楽しそう。沼へのアクセスも徒歩専用階段でそこそこ運動になるような距離だし、家から近いし。施設も拡張傾向の様にみえました。もっと走り回るのかと思いきや、かくれんぼ中に、ちび太が車に戻っていて(振り回されました。)

Screenshot of www.city.sakura.lg.jp

日の入が始まり、日没まで時間があったので、車で5分ほどの風車へ移動です。
ここは、風車の周りに休憩の人(道の駅を兼ねてるので)少々、自転車乗りの方がそれと同数くらい合わせて15名ほど集まっていたでしょうか。ノーマスクの方は異邦の方でした。たまたま‥であってほしいですが。風車は流石に人が多いと思っていましたが、そこそこおりましたので、状況を鑑みて近づくのは避けました。
本日の日の入は16:27分。畑や山をやるようになって日の出日の入は大体身についてきました。
でも? ちび太の視線は夕暮れより鬼滅の刃。
ちび子は「きれー」とテンション上がりつつも食い気最優先はいつも通り^^;
車内で家から持ってきたお菓子ぱーてぃ。
寄り道なしの直帰。

夏休みも定休以外の休みも縦走登山もない1年でしたが、何とか乗り越えられた様です。


O型は糖鎖の関係で、微差ながら新コロに強いのだとか。
日本での流行株/日本人のデータ結果ではないのでアレですが。

Screenshot of news.yahoo.co.jp

騙されても良いや?

日曜日。
母の車と我が家の車を洗車。

洗車後に妻に内緒で車に安物のパーツ付けを。

そもそも自分はスピードには全く興味がなく、大好きな二輪も足回りはフルノーマルで電装系やチビ太との二人乗りと積載に偏ったカスタムはしている。
四輪に関しては、畑作業と車中泊が便利になるような物しか興味がなかったのだけれど、昨今の空力や静電気といったちょっと調べただけでは意味が呑めない・生活に必要なスピードでの効果が全く不明なボルテックスジェネレーターやカナード、アルミシール等には興味がなかったのだけれども。

大陸のオンラインショップで安物を色々見つけてしまったので購入してしまったのが始まりで。
準備するのはこのくらい。

シリコンオフは、商品の糊面側にも塗布し、拭き取った方が良いです。

あと今回特に役に立ったのは、DAIS○で購入していたメモリ付きのマスキングテープ。(精密ではなくてもOK)これは本当に良い逸品。

これ(カナード)は両面テープ付けで且つどう考えても接着弱いので遠からず自然と剥がれ落ちるかと思います。で、スポイラー飾りの方は穴あけが必要そうなので尻込み中。(スカート下に穴あけは錆び易さが怖い。出来る限りの錆対策をしても何年もつか想像できないリスクに対して飾り程度だろうから。)

この日夜、家族で買物に行った際、妻はこの髭(カナード)に気がつかなかった。
願1.タイヤハウスへの乱気の整流化に役立てば良いかな?
願2.タイヤハウスの室内への騒音対策になると良いな?願1.サイドミラーの雨滴がうまく切れると良いな?
願2.1列目ドア前方溝への吹き込みが整流され室内への騒音が減ると良いな?
願1.2列目ドア前方溝への吹き込みが整流され室内への騒音が減ると良いな?願1.車体後方の負圧をうまく弱められると良いな?おぉ、個数が違う。左右非対称をこんな時にようやく実感。

さて、ここまで気楽におまじない程度の買い物が出来たのは…。 値段ですね(商品金額と合計金額の差は送料)。そもそもマデインシナを日本でも値段乗せられて買うなら向こうから直接購入しちゃった方が良いです。
日本でも安価で売ってる販売者の方々は向こうの人が殆どなので躊躇は不要かと。Amazonの大陸ショップ化は進む一方ですね。
更に、保安装置系ではないので特に気にすることもなくポチってしまいました。
6pcs入り69円を5個購入したのですが、1個欠品です。1包あたり1~2個は大きく切断不良があって、カッターで簡単に切れますが、切られ過ぎてえぐれているものもあったり。なかなかに大陸製で安価を狙うとギャンブル的。

で、大事なのは何が変わったか

日常使いで1日乗っただけでは今のところ、全く違いがわからなかったです。

設定の出し方も、計測機器もないですしね^^;
走りに執着もないのも宜しくないのかも。

風向きが変わった?整流されていたとしても、今のところ運転に影響は出ていない気がします。

(見た目が・・・ おかしくなったかな。。)

ボルテックスジェネレーター:渦流生成器

Screenshot of iico10.com

= TOYOTA:エアロスタビライジングフィン

空力、難しすぎます。何が、どんな現象が起こっているのか妄想すら追いつきません。
出力の割に重たい車重で箱型であるミニバンジャンルで、且つ、ほぼ買物使い&近距離運転が用途の多くを占めている我が家に恐らく恩恵はないでしょう。(^^;
最近のトヨタ車には、側面後方リアウインカー付近に予め成形されたボルテックスジェネレーターが着いているとの事で付けてみました。

両面テープが捲れた時点が縁の切れ目になるかと思います。

クリスマスツリー

12月らしい寒さが。風通しの良さが災いして畑のエンドウが霜にやられてしまったり‥。(現在の所10%ほど)

クリスマスも間もなくなったところでクリスマスツリーをないままやり過ごそうかとも考えたのだけれど、やっぱりあった方が良さそう。という事で、軽くてほどほどの大きさのツリーをば。

オーナメントも結構入ってたのは読み違えた・・。
(思っていたより安かったし)実は足りないくらいで、何かを一緒に作ろうかと思っていたのに。
設置に悩むことはわかっていたので、吊るしました。という事で、ガンダムやらKitKatやらをオーナメントに追加。
久々3Dプリンタの出番です。
これらを下地塗って、最後のお絵かきを100均ガンダム用マニキュアでお絵かきしてもらおうかと。
ちび太トナカイの折り紙も作ってくれるようだし?

外出が減り、ちび太の鬱憤も相当に溜まっていて何もない買物ドライブすら着いてきたがったり、どうしようもない世知辛さ。

人の少ないスポット探しはちょっと得意なオフローダーの強みを生かしつつ?(人生までオフロードしないようにせねば‥)
日曜日にチビ太と二人で半日遊びに行った。
前を走る背中が心強くなってきました。
沼・湧き水を観察して土手を駆け上ったり下りたり。
日暮れ前に沼を見渡せる公園に。
3点支持は覚えてもらわないと困る。

来年も山登り行けるかな?
→ 新型肺炎、遊び場に悩んだ末… 【鋸山・伊予ヶ岳】

この日購入したガンダムのガチャガチャ。何か、最近不具合が多い。マデインシナなので仕方ないのかもしれないけれども、前回は左足が2つ入っていたり、今回はバックパックの左パーツが2つで対称パーツだったので右に嵌らない。
お客様センターに電話して解決いたしましたが、屋外でちび太が爪パーツを落として紛失しました故。
左右同一パーツだった故、またまた透明粘土とレジンを用いて複製。塗装の乗りが変わってもアレなので二つ作って‥
またまた100均マニキュアにて塗装。


オンライン注文に因る配送需要で激増でtoC運送業がお歳暮終わっても残業量半端ないという生の声を聞いたのですが、時間指定しておきながら不在で持ち帰りが4割程度&夕方以降の再配送依頼に追われて悲惨な模様。
ドローンの免許制もLEVEL4もトラックの先頭車以外自動運転化も制度や保険側の対応や実証実験の見通しはどうなっているのでしょうか。

それよりも恐ろしいのが

Screenshot of www.itmedia.co.jp

交通機関止まるはインフルエンザ流行期だはの2月受験をどうにかした方が良い気もするし、マッチングやらコンマ%の天才発掘に舵を切るのが誤りだとは思わないけれどデータ管理が心配すぎる。。
少なくとも公立は結果のデータ保存よりも、データになる手前の取りこぼしを生まない体制作りやAI利用を優先して欲しい気がしております。
大体こういうインフラ事業に頭突っ込んでくる禿が信用ならなくて怖い‥

campin gmoon版IGTテーブル 赤化

CampingMoonのIGT規格互換品テーブル。ベランピングでもステーキを焼いたり
たこ焼きを焼いたりと便利に使っていた。
IGT規格の天板、火器、ストッカー等を載せて使えられる優れモノで、規格外のモノを工夫加工して無理やりIGT準拠させている方もたくさんいらっしゃるかと。

CAMPINGMOONは大陸の会社なのだけれど20か国に代理店本社をたててる比較的信頼できる類のシナです。


高級規格の互換を取りに来る恐ろしい会社。ライセンス料とかどうなっているのか気になりますが。


如何せん正規正統品が高額で(つω;

Naturetonesを観ていてどうしてもやりたくなって、やってしまいました。

ステンレスなのでサンドブラストしてからミッチャクロン→塗装がベストなんだけれど、アパートにコンプレッサ置いてなかったり、移動や車が使えるタイミングやら風雨の無いタイミングやら考慮していると、畑やらちびのイベントやらで先が読めなくなるので、脱脂のみでミッチャクロン→塗装に進みます。

先ずは下段。直火にはかけないものの上段に火器が載るケースがあるので一応耐熱200℃。注意書きが怖すぎる‥見えないところは適当。オーブンで焼き入れます。
150℃だと塗料が軟化してしまった。ミッチャクロンが耐熱性能無いので、ミッチャクロンの問題かもしれません。
となると60℃で焼き入れるしかない?
塗膜でさらに輪郭ぼやけるけれども、刻印部全体がへこんでいたり?本家とのクオリティの壁は厚そう^^;
テーブルの方は焚火台に鉄板を載せて焼き入れました。

目に入りやすい本チャンの上段を塗装します。
下段の塗装で加熱時にミッチャクロンが悪さしていそうな感触なので、上段はミッチャクロンなしで脱脂後直塗装を施してみました。

焚火台は広範囲を一挙に加熱できたけれど、制御が効かないし、赤外線ストーブに変更。家具突っ張り棒も使いました。

仮組み。
上段の足は未塗装。
乾燥の過程を経つつ耐久クリアを吹いて終わりにする予定です。

収穫コンテナ塗装とアレとアレ

先日カインズホームで購入した収穫コンテナ。

1.塗装 ( シリコンオフ → ミッチャクロン → ラッカー )
2.高反射シートで某ロゴっぽいのを作成添付
3.反射シートをカットして箱幅を認識しやすいシール作成添付


ここまで進んだ。

箱幅を示す赤の反射シート(100均)は、無い方がかっこよいのだけれども、闇に溶けるOD色は、キャンプ夜の安全性を鑑みると何某かこの機能は欲しいところ。デザイン性は考えずに取り敢えず貼っておいた。
これはなかなかな悪くない気がする。
オリジナルにあたる商品がメーカーから出ていないけれど、相変わらずの贋作的作例。

購入したこの緑3つ。(2つは畑の農具小屋に)
そもそもの野暮ったさから、別の野暮ったさに変身を遂げました。
というか、最初からODカラーの収穫コンテナ扱ってほしい。

今回のOD色塗料の上にうまく高耐久クリアが乗るのか底面で試してみないと要領がわからないな。ウレタンクリアが間違いないんだろうけれども高価だし、せっかく安価なベースなのだから安価なラッカーでいいや。と、考え中。

取り敢えずアウトドアコンテナ?途中経過でした。

塩梅の良いコンテナがない‥

初キャンプを終えて?一番効率の悪さを感じたのが運搬頻度でした。
一番大変だと想像していた設営と撤収が思っていたより遥かに簡易にできてしまったのですが、無くても問題ないだろうと思っていたコンテナがやっぱり無いと不便そう。

安くはない金額を支払えば欲しいものがあるのだけれど。。

耐えられない^^;

要件としては
・スタックできる
・天板は平ら
・軽い
・板厚が薄く容積率の高いもの
・天板の上に20㎏程度載せられる

で、自作を考えたけれど、
木製だと安価に済むけれど、板厚と重量が要件を満たさない。
鉄だと重くなりすぎるし、錆止め塗装しても浸食100%防げる腕や扱いはないので、腐食を気にして利用するのは困難。
アルミ製だと、アルミ溶接を出来る機材と環境がない。リベッターで行けるかもしれないと思い、アルミ材を専門店掘り下げて板材を探すも、大陸製の安い市販品の方が安く済む程度に材料費が高価になる。


コスパ良いけれど板厚が薄すぎる模様。


一番現実的かなぁと思うのがLOGOS

でも、この価格を払うならばSNOWPEAKの

これが高く感じなくなってしまう不思議・・・。
天板は自分で作れば良いし?

一番欲しいのは、スタックは工夫が必要になるけれども、Naturetonesの

こちら。機能的だしデザインも素敵。

でも、一番現実的なのは

プラ製収穫コンテナ。もう持ってるし、ホムセンだともっと安くで買えたりする。値段も見た目も格差激しい。けれど、強度も軽さも十分ではある。
3000円以上だと妻は家計払いを許してくれなそうなのでお小遣いでと考えると非常に悩ましいこの頃。

たかが箱が案外難しい。

初キャンプを振り返って

畑:エンドウ畝4本・イチゴ畝1本+α・サツマイモ収穫終了
テント:初設営・初撤収・初宿泊・初畑キャンプ
構成:成人2人+5歳児+1歳半
環境:畑の甫場を均した・水道なし・トイレ無し・住宅密集地と非密集地の境界

11月下旬もあって、5度耐久のシュラフも疑問があったのだけれど、南風が続き20℃越え二日目の晩も24時までは寒さを感じずに過ごせました。24時でやや強めだった風が止むと急に冷え込みが進んだ。
明かりで人目を惹かないよう明かりを足元に。該当箇所の外側側に肥料や収穫コンテナを置いて冷気避け兼、明かり隠しをば。
寒いはずなのに、2つを連結したシュラフを這出てチビ太がチビ子の上に乗っている‥ 見事に寝袋をはみ出す寝相。
28時を過ぎたところで寒さに負けカセットストーブを点火。

アメニティードームにはベンチレータが付いているので心配はないとは思ったけれど、車中泊装備の一酸化炭素センサーをインナーテントのポケットに設置。質量はほぼ空気と同じとは言え、暖気として排出されるなら高所に設置した方が良いのかもしれないけれど、錐状のインナーテントで高さを取った位置に設置することは諦めてみた。
アメニティードームのMサイズ。インナーテントは265㎝四方なので狭くはないと思うけれども、就寝スペースとして、成人4人が限界かなと。荷物がなければ5人ギリギリ行けるけれど移動はかなり窮屈になりそう。
子供二人、成人二人がいいとこのようです。2日目も砂遊びと畑作業。ようやく全甫場のサツマイモ掘りを完了した。昨日とは異なり1500を過ぎた状態で動きがないと結構涼しい。
ちび太をストーブにて温め。外からインナーテントを覗くとこんな感じで、大人が寝さえしなければ意外とスペースは十分でした。

畑キャンプ

三連休コロナ自粛により断念した宿泊デビューキャンプでしたが。晴天とプール担当を妻が代わってくれたので、朝から畑にて代替えのイベントを用意できました。

草刈も土下1cm間で刈り込みつつレーキで整地しめり込まない程度のフカフカに。ブルーシートを敷き保険をかけたものの、砂汚れを気にしてグランドマットもインナーマットも利用しませんでした。
午後に風が強くなりましたが、アメニティドームの特性である背の低さと本日の南風が読みやすさもあり、はためきはしても不安のないテントライフに。
必要最低限のペグ打ちのみで、拡張ロープ固定は一切なしで強めの南風を克服できておりました。

風上に尻を立てたまま風向きも変わらず暖かな一日は夜も続いてくれました。とは言え日没まではテント内で過ごす時間もない作業に追われておりましたが。

水缶の置き場所はバイク用のスタンドです。丈夫で機能的。回転も出来るし極めて丈夫です。 水をかけたくない部分もありますが回転させて向きを気にすれば問題ないです。


我が家のアメニティドームのサイズはMですが、現在のところチビ太も悠々と寝転がれる!この辺りは夜編で360度カメラでインナーテント内の寝袋4人分敷き詰めたサイズ感が把握できそうな写真を載せます。

ちび子とママもプールを終えて午後から参戦です。作業はいよいよ進まなくなりましたが三連休ですし、畑に出られただけマシかもです。
掘りたての安納芋を焼いて、アパートで握ったオニギリと畑で肉も焼きました。マキシマムだとかほりにしの様なアウトドア向け御用達調味料も揃えたくなってしまいます。

しっかしちび子の度胸というか上の子と同じことをしたいヤル気が不屈すぎて怖くなる今日この頃。
午前中にママちび子が車利用だったので久しぶりにチビ太とタンデム出来たのも良い思い出に。オフ車のタンデムはSSのそれとも違う不快感満載の部類のはずなのですが、それしか知らないという強みでいつまで誤魔化せることやら?

一日畑にいたので普段会わない隣接別地の菜園ティストな初老夫婦さんとも、チビをふまえてご挨拶できたりサツマイモをお渡ししたらダイコンをいただいたり、時間帯によってこの畑を利用する4方中の3方とご挨拶できたりと、かつてなく賑やかな畑でした。

芋掘り!

最低気温が10℃を切るようになった。故、サツマイモ回収へ。翌週に幼稚園の芋掘りイベントもあるのだけれど偶然?予習的に。天気やイベントから、この日以降しか動けないスケジュールだった故。
英語でカウント。の練習。ぼちぼち順番が抜け落ちます。唯、この畝の他に3本未回収の畝があり。。
週末を使わずに回収できるかどうか‥、先週は滅茶苦茶だった天気予報の精度が今週は上がりそうだが。


今年も、畝づくりは前期作の後半の施肥量を減らし、耕耘のみ堆肥無しで両側からツルを挿す際に硫酸カリのみの施肥。てっぺんに枝豆を植えて更に畝の栄養(N)抜き。
その後の手入れは手抜き。天地返しも2度しか出来ず。
黒マルチをかけた紅あずまはそこそこの大きさに育ったものの、安納芋畝にマルチをかけなかった為、地這いの葉を雑草が覆い隠し成長を止めてしまった。
土の栄養はカリがあれば十分で日光量が大切なことを改めて感じた。
昨年、畝づくり、ツル挿しは同様で、その後の手抜きもほぼ同様、雑草だらけでも、物干し形状の支柱を組んで葉を誘引した際は十分な大きさに育った点と比べても、温度・日光がサツマイモを成育させることは間違いなさそう。