「子育て」カテゴリーアーカイブ

塩梅の良いコンテナがない‥

初キャンプを終えて?一番効率の悪さを感じたのが運搬頻度でした。
一番大変だと想像していた設営と撤収が思っていたより遥かに簡易にできてしまったのですが、無くても問題ないだろうと思っていたコンテナがやっぱり無いと不便そう。

安くはない金額を支払えば欲しいものがあるのだけれど。。

耐えられない^^;

要件としては
・スタックできる
・天板は平ら
・軽い
・板厚が薄く容積率の高いもの
・天板の上に20㎏程度載せられる

で、自作を考えたけれど、
木製だと安価に済むけれど、板厚と重量が要件を満たさない。
鉄だと重くなりすぎるし、錆止め塗装しても浸食100%防げる腕や扱いはないので、腐食を気にして利用するのは困難。
アルミ製だと、アルミ溶接を出来る機材と環境がない。リベッターで行けるかもしれないと思い、アルミ材を専門店掘り下げて板材を探すも、大陸製の安い市販品の方が安く済む程度に材料費が高価になる。


コスパ良いけれど板厚が薄すぎる模様。


一番現実的かなぁと思うのがLOGOS

でも、この価格を払うならばSNOWPEAKの

これが高く感じなくなってしまう不思議・・・。
天板は自分で作れば良いし?

一番欲しいのは、スタックは工夫が必要になるけれども、Naturetonesの

こちら。機能的だしデザインも素敵。

でも、一番現実的なのは

プラ製収穫コンテナ。もう持ってるし、ホムセンだともっと安くで買えたりする。値段も見た目も格差激しい。けれど、強度も軽さも十分ではある。
3000円以上だと妻は家計払いを許してくれなそうなのでお小遣いでと考えると非常に悩ましいこの頃。

たかが箱が案外難しい。

初キャンプを振り返って

畑:エンドウ畝4本・イチゴ畝1本+α・サツマイモ収穫終了
テント:初設営・初撤収・初宿泊・初畑キャンプ
構成:成人2人+5歳児+1歳半
環境:畑の甫場を均した・水道なし・トイレ無し・住宅密集地と非密集地の境界

11月下旬もあって、5度耐久のシュラフも疑問があったのだけれど、南風が続き20℃越え二日目の晩も24時までは寒さを感じずに過ごせました。24時でやや強めだった風が止むと急に冷え込みが進んだ。
明かりで人目を惹かないよう明かりを足元に。該当箇所の外側側に肥料や収穫コンテナを置いて冷気避け兼、明かり隠しをば。
寒いはずなのに、2つを連結したシュラフを這出てチビ太がチビ子の上に乗っている‥ 見事に寝袋をはみ出す寝相。
28時を過ぎたところで寒さに負けカセットストーブを点火。

アメニティードームにはベンチレータが付いているので心配はないとは思ったけれど、車中泊装備の一酸化炭素センサーをインナーテントのポケットに設置。質量はほぼ空気と同じとは言え、暖気として排出されるなら高所に設置した方が良いのかもしれないけれど、錐状のインナーテントで高さを取った位置に設置することは諦めてみた。
アメニティードームのMサイズ。インナーテントは265㎝四方なので狭くはないと思うけれども、就寝スペースとして、成人4人が限界かなと。荷物がなければ5人ギリギリ行けるけれど移動はかなり窮屈になりそう。
子供二人、成人二人がいいとこのようです。2日目も砂遊びと畑作業。ようやく全甫場のサツマイモ掘りを完了した。昨日とは異なり1500を過ぎた状態で動きがないと結構涼しい。
ちび太をストーブにて温め。外からインナーテントを覗くとこんな感じで、大人が寝さえしなければ意外とスペースは十分でした。

畑キャンプ

三連休コロナ自粛により断念した宿泊デビューキャンプでしたが。晴天とプール担当を妻が代わってくれたので、朝から畑にて代替えのイベントを用意できました。

草刈も土下1cm間で刈り込みつつレーキで整地しめり込まない程度のフカフカに。ブルーシートを敷き保険をかけたものの、砂汚れを気にしてグランドマットもインナーマットも利用しませんでした。
午後に風が強くなりましたが、アメニティドームの特性である背の低さと本日の南風が読みやすさもあり、はためきはしても不安のないテントライフに。
必要最低限のペグ打ちのみで、拡張ロープ固定は一切なしで強めの南風を克服できておりました。

風上に尻を立てたまま風向きも変わらず暖かな一日は夜も続いてくれました。とは言え日没まではテント内で過ごす時間もない作業に追われておりましたが。

水缶の置き場所はバイク用のスタンドです。丈夫で機能的。回転も出来るし極めて丈夫です。 水をかけたくない部分もありますが回転させて向きを気にすれば問題ないです。


我が家のアメニティドームのサイズはMですが、現在のところチビ太も悠々と寝転がれる!この辺りは夜編で360度カメラでインナーテント内の寝袋4人分敷き詰めたサイズ感が把握できそうな写真を載せます。

ちび子とママもプールを終えて午後から参戦です。作業はいよいよ進まなくなりましたが三連休ですし、畑に出られただけマシかもです。
掘りたての安納芋を焼いて、アパートで握ったオニギリと畑で肉も焼きました。マキシマムだとかほりにしの様なアウトドア向け御用達調味料も揃えたくなってしまいます。

しっかしちび子の度胸というか上の子と同じことをしたいヤル気が不屈すぎて怖くなる今日この頃。
午前中にママちび子が車利用だったので久しぶりにチビ太とタンデム出来たのも良い思い出に。オフ車のタンデムはSSのそれとも違う不快感満載の部類のはずなのですが、それしか知らないという強みでいつまで誤魔化せることやら?

一日畑にいたので普段会わない隣接別地の菜園ティストな初老夫婦さんとも、チビをふまえてご挨拶できたりサツマイモをお渡ししたらダイコンをいただいたり、時間帯によってこの畑を利用する4方中の3方とご挨拶できたりと、かつてなく賑やかな畑でした。

イベントで燃え尽きる体質

ちび太は前回運動会の翌日ボーっとして燃え尽き、翌々日発熱し休園。

その後の週末。
土曜日はちび太&AB氏と芋掘り&晩御飯とキャンプ打ち合わせ。
日曜日は親族の誕生日祝いに出かける。
の連日イベントとなっていた。

ちび太、土曜日は全てのイベントを無事こなして、当日の余韻と翌日のウキウキで床に就いたのだけれども。

日曜朝。
元気。
熱が出た。
感冒症状一切なし。

そのままお布団で休んで11時に熱が下がったらお祝いに行きましょう。と勧めたところ、素直に布団で休みに行った。
という事で、ちび子のプールも行けば11時には戻れないので、畑に。
草刈り・細断・漉き込み・耕耘(深)・施肥・耕耘(深)・施肥・耕耘(浅)・畝づくり・マルチ張り・苗の根の切断更新・苗移植行けるところまで。

11時。結局熱は下がらず。
お祝いには迎えないことになった。往復だけで4時間だし行かなかったことは結果的正解。

昼食に帰宅し、午後も畑へ。

播種は日程に折り合いがつかず、土曜にAB氏とチビ太と寄ったホムセンで購入した苗をば移植。
日の入まで作業したものの、あと230くらいあまってる。

焼き芋も焼いたものの食べる時間もなくお持ち帰りに。

この季節の土がぬれていない明るい時間帯の空きで、施肥して畝ってマルチ貼って‥と寒冷期間前までに間に合うか?

時期遅れの大根、大根は試してもみたけれどもそもそも移植できない植物な故、播種したいのだけれど寒冷期前に根を張らせないといけない絶対条件を超えられるのか怪しい‥。



これ、面白い。
大人が読んでも勉強になるし、そもそも、基本再生産数・実効再生産数‥自分は意味くらいしか知らなかったのだけれど、コロナや他の病気のR0が示され実感し易い解説や計算方法まで。何年生で使うとか関係なく、わかる子や興味のある子はどんどん進んでいける模様。

というか、普通に流されているニュースなんぞいう大人が観たくなる要素は、いつの間にか完全に型に嵌められてるんだなぁと。面白い^^

もう一人のやんちゃ丸は元気です。


Screenshot of rt-live-japan.com

芋掘り!

最低気温が10℃を切るようになった。故、サツマイモ回収へ。翌週に幼稚園の芋掘りイベントもあるのだけれど偶然?予習的に。天気やイベントから、この日以降しか動けないスケジュールだった故。
英語でカウント。の練習。ぼちぼち順番が抜け落ちます。唯、この畝の他に3本未回収の畝があり。。
週末を使わずに回収できるかどうか‥、先週は滅茶苦茶だった天気予報の精度が今週は上がりそうだが。


今年も、畝づくりは前期作の後半の施肥量を減らし、耕耘のみ堆肥無しで両側からツルを挿す際に硫酸カリのみの施肥。てっぺんに枝豆を植えて更に畝の栄養(N)抜き。
その後の手入れは手抜き。天地返しも2度しか出来ず。
黒マルチをかけた紅あずまはそこそこの大きさに育ったものの、安納芋畝にマルチをかけなかった為、地這いの葉を雑草が覆い隠し成長を止めてしまった。
土の栄養はカリがあれば十分で日光量が大切なことを改めて感じた。
昨年、畝づくり、ツル挿しは同様で、その後の手抜きもほぼ同様、雑草だらけでも、物干し形状の支柱を組んで葉を誘引した際は十分な大きさに育った点と比べても、温度・日光がサツマイモを成育させることは間違いなさそう。

Googleが来るとか来ないとか?

昼で仕事を終え妻とチビ太は体操教室。
こちらはチビ子と昼寝。
もっと近かったら良いのだけれど、オンライン注文の店舗取り置きを受取りにジョイフル本田へ。半屋外的職人さん向け現場コーナーでアイアンアングルを購入し。
自作チップソー治具の100Vステンレス溶接レールの反り対策に、錆対策を講じないといけないけれど手っ取り早く鉄アングルで代用する代用案。180㎝700円ほど治具作成代に足が追加された‥。orz
その帰りに気になっていた新規オープンのデータセンタービルに併設された小さな公園へ。このデータセンターにGoogleが来るとかこないだとか。
食事も店舗も現在のところ概ね19時まで。到着が1855だった為、食事も物色もまた次回。時間柄、時期柄? 珍しく11月の日没後に21℃の外気温。
三密も気にせずに遊べたし?都内の一角の様な錯覚が。チビ子が高所を怖がらない事が怖い。曇天だったけれど、雲がなければ星も綺麗そうだ。ちび太も同じ網の上でも、高度が150㎝と180㎝だと怖がり方が全然違って、持ち前の慎重さ?臆病?さが悪く祟る。
出来なくて怖いのは無謀でしかないけれど、出来るけれど怖いのだから勿体ない。

秋空に撃沈しベランピングへ

売り切れで購入できなかった焚火台を鉄板から作り上げ‥るほどには間に合わなかったけれども、機能するくらいのパーツが揃ったので試用。
チップソーのステンレス角柱+平板で作ったレール部が溶接の際の膨張により歪み、真っすぐな切線は描けないものの腕づく&グラインダーで修正入れたり余計な時間がかかってしまった。
歪みは反対側から炙れば反りは治るというものの、赤色発光する程の温度の金属を置ける場所が無いため、アパートでの作業は困難で後回し中。(使えてなくも無いけれど精度皆無)
そして、予定していたお泊りキャンプだったものもデイキャンプになり、それが曇天でベランピングという降格コンボ。
お泊まりキャンプは平日しか選べず、平日を決行しようとしたところ、夜間から早朝の管理人不在時間に、キャンプ場全体での利用者が我が家一組だけという不安、管理人の出勤を待つと幼稚園登園に遅れてしまう。
という試練を超えられなかった結果なのだけれども。元々手持ちの登山道具に加え、タイムセールでチビチビと年月をかけて揃えたもの、テント購入後に焦って揃えたシュラフ、自作の偽物やら。メスティンの3合飯盒は火力が強かったせいか、10年以上ぶりに底の1粒層程度に焦がしてしまった。でも、このお焦げ飯を食べられることが出来て懐かしいやら、美味しさすら感じるくらい^^;
大人達は「お焦げ食べたい」全員一致。
子供には不思議な発言だったのかもしれない。チビ太チビ子も普段ない家具配列やらベランダ使いにテンションが上がっていた。カレーは台所で妻が作ってくれたけれど、ステーキは遊び感を出してベランダにて。得意げに現れたチビ太。肉、持ち上げられず。^^;一通りご飯が終わると、A氏のサプライズ的キャンプお菓子となる持参のマシュマロでスモア?なるマシュマロ焼き+リッツで挟んだおやつ作りをば。
燃えない程度の距離を保つのがなかなか難しく、ゲーム感覚があったり、表面にザラメ感が出て、中はジュワリととろけるクリーム感の面白いお菓子です。登山やその日程内の温泉でもお世話になりっぱなしな故、なつき具合も半端ない。流石に登山にチビ二人同伴はキツイかもしれないなぁ、なんぞ内心考えながら眺めてみたり。たこ焼き。先週練習しておいてよかった。
が、A氏の「他にもトッピング変えられると面白いよね?」の一言で、チーズたこ焼き作ってみようという運びになり、冷蔵庫のピザチーズを2周目のたこ焼きに追加。
チーズ追加で焼き上がりまで大分時間延長されるという経験を得ました。
ちび子もかなりなついた感。〆の焼きバナナチョコばさみ。チンチンの鉄板の上だと、バナナが踊るとは知らず、「お化けだ〜」なんぞチビも盛り上がりました。

のはずが、固形のチョコがなくて、チョコソースがけとなり。
殆どをチビ太が食べて締めとなりました。

ベランピング。 悪くない感じ。

運動会・キャンプ準備

チビ太の運動会が終わりました。
親子参加競技もなく、父兄も1家族2名までの観覧などの制限も多く淡々と進みましたが、掛けっこも好成績、鍵盤ハーモニカ演奏・パラバルーンも本人の納得のいく結果が残せたのか充実と楽しさを今でも語っております。
翌日、燃え尽きてダウンしてしまいましたが(--;;

お遊戯・競技のビデオをお義父さん達に観せようと、YOUTUBEのチビ動画用アカウントで無加工のビデオファイルをアップロードしたところ、遊戯中に流れていたBGM(髭男)が原因で著作権警告が出たのち数時間で削除されてしまったのも、新鮮な経験。
YOUTUBEに理由を申告し再審査にかけてもらったところ無事に動画リストに復帰しました。
同理由で削除されてしまった方は、再審査をじゃんじゃん要請して良いかと思われます。

それとも並行してキャンプの準備をば。
結局直近では、デイキャンプ(1日キャンプは予約枠空きなし)から慣れて行こうという運びとなっております。
ケトルも沸騰状態で素手で握れるか試してみたり。
薪なんかで炎が上がってこなければ問題なさそうです。

薪入れ用にDAIS〇のバッグを購入。
翌朝目が覚めたらロゴが生えていました。
友人とキャンプするなら偽物探しがネタになりそうです。

チビ子はまだ喋りはしないものの、コミュニケーションで立派に絡めるようになってきていて、チビ太もお兄ちゃんぽさが出てきました。
ちび子の笑い上戸や遠慮のない悪戯に色々救われている気もしている日常です。

 

ファミリーキャンプ準備と失敗

相変わらずやるやる詐欺が続いており決行に至っておりません。
オンシーズンであるが故、週末に条件の良いキャンプ場は見つからず、平日利用に向けて準備したものの翌朝9時の管理人到着まで解散が許されず平日利用も実現困難となってしまいました。
唯一進んだのは、下見に行って現地を確認したこと?ちび子は何でも良さそうだ^^
チビ太もこだわりはあんまりなさそう。
そういえば、キャンプで使う適当な鍋がない!!
という事で・・・。

Amazonのプライム祭で4人分の封筒型連結寝袋も揃えました。
例によってプライム祭が最安値期ではありませんでしたが。
鍋はやっぱりアルミという金属がいまいち過熱系調理具の素材として信用ならないのでステンレス鍋を選びました。チタンはあまりに熱伝導に癖があるのでソロはチタンでも、ファミリーはステンが正解なのかな?と思っています。
ん?蓋と鍋とでロゴが違う???
平日、ママのサポートでチビ太が全ての食材とお米研ぎに手を通し、カレーを調理してくれました。
チビが作ってくれただけで旨味が増しますな。


大陸製反重力レゴ
作用点?が2点しかない為、全方向への揺れには堪えないですが、作用点4点以上になると全方向に耐えられる構造も作れます。
で。
チビ太はやはりこの構造の面白さおかしさに全く気付かずです。
普通の基準がまだなので当然ですね・・。

ラージメスティン購入

ちび子が体調下降気味でチビ太と二人でホームセンターJHへ向かう。

台風対策の後半作業で、42.7Φx2mの単管を購入に向かったのだけれど、キャンプコーナーのアイテム数が充実しすぎていて‥
衝動買いをしてしまった。
軒並みキャンプ用品がバカ売れらしく、ネット通販の価格が暴騰中。SnowPeakのチタンシェラカップ(E-104)なんぞ定価の3倍価格で売られていたりする。公式ONLINEでは売り切れ。AlpenやWild1で店舗にあれば通常価格なんだろうけれど、チャチャッと行って帰れる距離にはない。

今回のアイテムもAmazonでは本日時点で3330円だけれど、店頭では1780円だった。
キャンプ芸人さんの仕業なのか、コロナの所業なのか、そもそもシーズン中は高めになる傾向ではありましたが。
Field To SUMMIT製。あまり目にしてこなかったメーカーさんですが、Trangiaと同じく上蓋の下側に膨らみがあるのでこの構造を試してみたかったのと、元々持っているKeithの蒸気炊きチタン飯盒だと2合までしか焚けない事がファミリーキャンプで足りなくなった際に小物入れとしてでも予備的に?でも同時に+3合炊けるのであれば便利はある。

結局、いつも通りの塗装をして、焼き入れてシーズニング。
存在しないはずのアイテムに仕上げてみる。

この食い意地姫がどのくらい食べるようになるかでアウトドアクッカーの組み合わせが変動しそう。(なぜホッペにパスタなのか‥)snowpeakのE104シェラカップだと7枚スタックできそう。